クラブワールドカップ2011|聖カピタニオ女子高等学校|多田の高校女子サッカー奮闘記ブログ

クラブワールドカップ2011

 世間がクラブワールドカップのサントスFCvsFCバルセロナで興奮している中、第33回全日本女子サッカー選手権大会のベスト16の戦いが行われていた。男子で言う所の天皇杯である。各県で予選が行われ、その上位チームで地域の予選を行い、そのまた上位が本戦(全国大会)に出場する。当然、高校にもチャンスがあり、本校は9月の県予選で敗退している。本戦には高校チームが6校出場しており、ベスト16に3チームが残っていたが、なでしこリーグ勢に敗れた。当然と言ってしまえばそれまでだが、ここまで勝ち上がったのはさすがである。 12月27日(火)の準決勝と1月1日(日)の決勝はNHK BS1で生中継される。女子サッカー史上初のことである。

 少しだけクラブワールドカップについて触れる。私もバルセロナの勝利を予想していたが、まさかそこまでの差があるとは…。そう感じた人は多かったに違いない。指導者でバルサのサッカーを目指すと言う人がどれだけいるのか想像を絶するが、私はと言うと、ヒミツで・・・<(_ _)>当然世界一のサッカーを目標にしたいが、今の個の力では現実的ではないと言うのが正直な所である。

 最後に余談だが、12月14日に豊田スタジアムでサントスFCvs柏レイソルの試合が行われた。私用で観戦できなかったが、梶野と本校教員がネイマールのプレーを目の当たりにした。実にうらやましい。記念にと梶野に電話してサントスFCのマフラータオルを買ってきてもらった。すべて売り切れており、テント内に展示してあったものを見つけ、慌ててそれを購入したらしい。翌日、貴重なものですよ。と渡されて、袋の中にある黒と白の色合いのマフラータオルに喜ぶ私。早速広げて見てみると、見慣れぬエンブレムとアラビア語?らしき文字。その横にはAl-Sadd Sports Clubの文字。そう、それは、何と、アルサッドのマフラータオル(*_*)。日本人でどれだけの人が持っているのか、計り知れないある意味記念のタオルである。確かに貴重なものだ。もちろん、2000円のマフラータオル代とともに感謝の言葉を、いつもコーチとして活躍の梶野くんへ伝えた。本当にいつも『いい仕事、ありがとう』

 多分今年最後のブログ。来年が皆様にとっていい年でありますように!!

チームは12月23日から3日間トレーニングマッチ、26日から29日まで第2回なでしこハイスクールカップに参加する。

ページの先頭へ戻る