第21回全日本高等学校女子サッカー選手権大会東海予選

第21回全日本高等学校女子サッカー選手権大会東海予選

11月17日(土)12時、雨の降りしきる中、とこはグリーンフィールドGで、田中監督率いる三重高校と対戦した。お互いがけん制し合うような静かな立ち上がり。そんな中、前半12分、パスミスからボールを奪われ、ミドルシュートを打たれる。これがDFの足に当たり、ふわりと浮いたボールはポストに当たり、ゴールに吸い込まれた。ミスがあったとは言え、アンラッキーなゴールに一同は静まりかえる。ただ、失点した時間帯が早く、まだ時間があることと、半年間苦しんできた経験が選手達を奮い立たせる。すると、前半26分に個人技からかなみが同点ゴール。このゴールにはラッキーが含まれていた・・・。県の予選から好調を持続するかなみのゴールにベンチも応援席も湧いた。勢いそのままに前半31分、左サイドのしおりから逆サイドにクロスが入る。ゴール前でフリーのかなみが丁寧に押し込み、逆転ゴール。ゴールへの嗅覚はもう見事としか言わざるを得ない。そのまま2対1で前半を折り返す。後半は大きいボールに頼り、ポゼッション率が落ち、攻め込まれるシーンも増えたが、何とか2対1で逃げ切り、4年連続の4回目の全国出場を決めた。正直、今回の全日本高等学校女子サッカー選手権大会出場には格別な思いがある。今年から男子同様に夏はインターハイ、冬は選手権と全国出場のチャンスは2回に増えた。ところが、本校はインターハイの県予選で敗れた。それにより、チームは早い時期から冬の選手権に目標が切り替わり、じっくりとチームを熟成することができた。とは言え、チーム内は常にけが人、病人が付きまとう。不安だらけの半年間であったが、今振り返ると夏の遠征がすべてだったように思う。理不尽な要求にも選手達は前向きに取り組んだ。本当に負けや失敗、困難は人間を大きく成長させる要因となることを痛感した年でもあった。“失敗は成功のもと” 古い言葉だが、こんなポジティブな言葉はない。

 11月18日(日)9時30分、準決勝の常葉学園橘戦。開始早々に失点するが、ももかの個人技から得点し、1対1の同点。ところが、得点後にすぐに失点を許してしまい、結局1対6で敗れた。続く、3位決定戦の磐田東戦は試合前からGKが負傷し、DFも熱発し、ダウン。満身創痍でのスタートとなり、不安だらけの中、ゲームが始まった。ところが開始2分にかなみが先制ゴールを決める。喜びもつかの間、サイドからのクロスに対応が遅れ、同点ゴールを許す。今度はしおりがDFの背後を抜け、勝ち越しゴールで2対1とするも、コーナーから失点し、2対2の同点で折り返す。後半もドタバタし、落ち着かないゲーム展開であったが、選手が踏ん張り、2対2のまま延長戦へ。しかし、延長後半5分にミドルが決まり、2対3で敗れた。1日2試合でフル出場の選手は160分間戦った。これは選手を責められない。層の薄さと言ってしまえばそれまでだが、試合日程にも一石を投じる結果となった。

 4位という結果での全国出場となったが、色々な方からメールや電話を頂いた。気に掛けてくれるたくさんの人達に幸せを感じた。本当にありがとうございました。ただ、ここまでは過去のチームと結果は同じであることを忘れてはならない。

 チームはすでに次の山に挑戦する準備に入っている。

 

 

 

ページの先頭へ戻る