tada|聖カピタニオ女子高等学校|多田の高校女子サッカー奮闘記ブログ

「tada」 が執筆した記事

平成29年度愛知県高等学校新人体育大会予選リーグ

 1月14日(日) 予選リーグ2試合目の小坂井高校戦が春日井商業高校で行われた。さすが、春日井商業グラウンドと言えるほど、ピッチコンディションは良好であった。試合は、前半まいか・ちいながそれぞれ3得点、えみりが2得点し、8対0で折り返す。後半はまいか1得点、えみり2得点、りんかが5得点し、計16対0で勝利した。述べ4人しか得点していない所は若干気になるが、たまたまということで…。この日の公式戦デビューは1年生のまなまりんあんひよりの4人。緊張もあっただろう、残念ながらデビュー戦初ゴールとはならなかったが、最初の1歩を踏み出した。

 このゲームの後、来年度の東海リーグ参入戦を来週(1/21)に控えた名古屋経済大学とTRMを行った。オフ明けでコンディション不良の選手も多い中、きっちりと仕上げている印象。久しぶりのクレーでの試合だったようだが、三壁さんの顔はやはりクレーがよく似合う?!冗談はさておき、1年間の県リーグを戦い抜いて得た東海リーグ参入のチャンス。ぜひともものにしてください。対戦相手のヴィアティン三重レディース(森周三監督)も同様です。熱戦を期待してます!

PS.三壁さん、旭ポンズ最高!!

☞番宣:1月15日(月) の18時20分~,RADIO SANQ(84,5MHz)に多田がゲスト出演。昨年の高校選手権を振り返り、色々と語ります。多分…。

 

 

ページの先頭へ戻る

2018年新チーム始動

 2018年がスタートしてはや、2週間が立つ。1月5日の初下痢、間違えた初蹴りから、1月6・7日が名古屋経済大学フェスティバル。星翔(大阪)、帝京長岡(新潟)、東海大翔洋(静岡)、同朋、豊田レディース、本校を交えての交流試合。チームはスタートしたばかりで、ポジション、システム、選手も模索中。当然だが、課題ばかりが目につく。梶野コーチ・水野コーチが中心となって始動していく中で、私は選手の動きに目を見張る。輝くつぶらな瞳はすこぶる温かい(自分で言うな)。名経大がオフの中、三壁さん、松下さんお世話になりました。今年もよろしくお願いします。

 1月13日(土) に、新人戦の予選リーグ菊里高校戦がけんぽスポーツの森で行われた。凍ったピッチの氷が解け、完全な田んぼ状態。菊里の選手も万全でない中、前半にさつきあゆがそれぞれ2得点、えみりが1得点し、5対0で折り返す。後半にちいなえりさつきが得点し、結局8対0で勝利。さつきは公式戦デビューでハットトリックの偉業を達成した。もちろん周りの選手のおかげでもあるが、見事な活躍である。また、2年生のゆうかもなりさこしほかなかむーも公式戦デビューで躍動した。その後、熱い男・梅垣(通称:梅蔵)が率いる南山高校とTRMを行った。打倒カピタニオを高らかに公言するチームから刺激をもらい、新チームはゆっくりと歩み始めた。

 まだまだ未熟なチームですが、今年もなにとぞよろしくお願いします。

ページの先頭へ戻る

第26回全日本高等学校女子サッカー選手権大会

 当初の予定より早く、兵庫県から帰ってきました。

12月にHPを全く更新もせずに、どうした多田と思った人もいたかもしれません。<m(__)m> とにかく長い1ヶ月でした。その間、出来ることはすべて取り組んで調整してきましたが、1回戦の神戸弘陵高校戦に、0対2で敗れました。選手たちは3年生のためにも、試合に出れない人のためにも、支えてくれた人のためにも、本校に敗れたチームの分もすべて背負い、全力で最後まで戦い抜きました。立派な姿でした。敗戦はすべて監督の責任です。

 また、本当にここまで、様々なところで応援・サポートをしていただき、本当にありがとうございました。本来ならすべての人に直接会って挨拶すべきなのですが、こんな形で失礼します。

 2017年最後の日に3年生のキャプテンさりー、副キャプテンれみひかるほのかことのうたのあっすーもねはるかぜの9人が引退しました。最後は悔しくないと言えば嘘になりますが、この3年生がいたからこその今年1年の好成績です。昨日の最後のロッカールームでの言葉、重かったですよ。私の心に響きました。“ 試合に出るだけがすべてではない。” これもいい言葉でした。辛く苦しい思い出も多くありましたが、最後まで聖カピタニオ女子高校サッカー部員としてやり遂げたことに、自信と誇りを持ってください。これからの活躍もお祈りしています。

 まもなく、2017年が終わりを告げ、新年を迎えようとしています。2018年が皆様にとって素晴らしい1年となることをお祈りします!!

ページの先頭へ戻る

組合せ抽選会

 暦は師走に入り、生徒は期末試験の真っただ中。遅ればせながら先週を振り返る。

 11月23日(木) は東海プリンセスリーグで常葉大学橘高校との対戦。東海地区予選準決勝では3対4で敗れた相手。前回の対戦から10日程しか経っていないが、それ以上の乱打戦はあるまいと思っていたが、結果は何と4対5で敗戦。………(-_-)。11月25・26日は東海Liga Student 2017のファイナルラウンドが名古屋経済大学で行われ、25日は名古屋経済大学に3対2で勝利し、26日の決勝は静岡産業大学に1対1(PK5-4)で勝利し、優勝を飾った。着実に力が付いていることが実感できる2日間となった。特に26日は監督不在がいい結果に結びついた?!脇田さん、25日の打ち合わせも含め、お疲れ様でした。

 その26日は第26回全日本高等学校女子サッカー選手権大会の抽選会がJFAハウスで行われた。予備抽選では先に東海地域代表3校の東西(東1校、西2校)を決定する。そこで本校が東、橘と藤枝順心が西となった。抽選順は本校が3番になり、昨年同様早い巡目での抽選。くじ運を気にしていたキャプテンさりーであったが、引いた番号は11番。昨年はすぐに決まった対戦相手がなかなか決まらない。結局、西チーム最後の抽選に残った神戸弘陵高校との対戦が決まった。実は東京行きの新幹線で唯一一緒になったチームで、もうこの時に運命は決まっていたのかもしれない。

 とにかくどのチームとの対戦であろうが、我々はチャレンジャー。持っているものすべてを出し切るのみ。完全アウェイの戦いは12月30日(土) しあわせの村で行われる。3年前のインターハイで修徳高校と戦った会場である。立派な天然芝のグラウンドで、今度はしあわせを勝ち取りたい。

 最後に番宣。12月3日(日) 25:25~26:25 TBS(地上波、関東ローカル放送)で、高校女子サッカー全国大会への道(地域大会ドキュメンタリー番組)が放送される。また、12月3日(日) 16時キックオフで、J1昇格プレーオフ決勝、名古屋グランパス対アビスパ福岡が豊田スタジアムで行われる。チケットが手に入らず、会場での観戦は諦めたが、“ゴールが勝利を生み、勝利がゴールに導く” ことを信じる。

ページの先頭へ戻る

第26回全日本高等学校女子サッカー選手権大会東海予選3位決定戦

 11月18日(土) パロマ瑞穂北陸上競技場で3位決定戦が行われた。史上初の愛知県代表同士による対戦。今度に入り、6回目の対戦は安城学園高校とのラストマッチであり、全国出場がかかる重要な一戦で、過去4勝1分けの対戦成績は関係ない。天然芝のピッチは降り続く雨の影響で、スリッピーな状態である。

 ファーストシュートは安城学園。遠目からでも積極的にゴールを狙う意図が現れたシーンであった。ゲームが落ち着いた前半15分、左サイドの突破からの折り返しをまこが冷静に蹴り込み、先制ゴール。この時はセンタリングの質が良く、得点に結びついた。プラン通りでこれで優位にゲームが進むかと思いきや、“そうは問屋が卸さない” 古い表現で失礼。すると、前半22分、大きいボールに反応し、DFとの競り合いから10番が倒れ込みながらシュートし、同点とされる。今までの反省も踏まえ、ピッチ上で確認し合い、気持ちを入れ直す。前半に追い付きたいところだが、“そうは問屋が卸さない”。そのまま、前半終了。シュート数は10本と4本(あくまで参考)。ハーフタイムでいくつかの確認を終え、後半勝負に気合いを入れ直し、ピッチへ送り出す。次の1点は後半3分、思わぬ形から生まれる。まこの縦パスにちいなが反応。DFともつれながら倒れ込む。ボールは触っていないが、キーパーもちいなの動きにつられたことで逆を取られ、そのままゴール。また後半15分には角度のない所からちいなが豪快に決め、3対1。アディショナルタイムにはコーナーキックの混戦からサリーが身体ごと押し込み、4対1。安城学園も足がつりながらも最後まで反撃する。残り時間わずかな中でも何度も本校ゴールに迫り、反対サイドにいる実況席からも「10番のシュート」の絶叫する声が響く。しかし、程なくゲームは終了し、4対1で2年連続7回目の全国高校選手権出場を決めた。今回は3位決定戦での戦いを余儀なくされたが、近い将来決勝の舞台で戦うが日が来ることを信じ、お互い自己研鑽に努めましょう!ありがとう、安城学園。その思いも受け取って全力で戦います。また、愛知県開催で、南山・椙山女学園・金城学院・至学館の部員、スタッフを始め、(公財)愛知県サッカー協会女子委員長の井上さん、元委員長安藤さん、ご協力ありがとうございました。裏方のMVPは満場一致で南山・梅垣先生に決定。おめでとうございます??

 このゲームの模様は11月25日(土) 15:00~15:54にBS-TBSのチャンネルで放送される。選手たちの頑張り、応援の様子、最後のロッカールームの様子をご覧いただきたい。11月26日(日) にはJFAハウスで監督会議、抽選会が行われる。ここで、対戦相手、会場が確定する。1回戦は12月30日(土)、2回戦は12月31日(日) 。まだまだ気の抜けない日々が続きそうだ。

 

ページの先頭へ戻る