tada|聖カピタニオ女子高等学校|多田の高校女子サッカー奮闘記ブログ

「tada」 が執筆した記事

令和元年度愛知県高等学校新人体育大会女子サッカー競技 予選リーグ

 1月12日(日) に藤枝順心高校の2大会ぶり4回目の優勝で、第28回全日本高等学校女子サッカー選手権大会の幕が下りた。高いレベルの試合は、粘り強い守備とここ一番での決定力の藤枝順心高校が豊富な運動量と爆発的な攻撃力を誇る神村学園高校を下した。東海地区で戦う本校としても刺激の多いゲームとなった。その翌日(13日)に令和元年度愛知県高等学校新人体育大会女子サッカー競技の予選リーグが始まった。3年生引退後、チーム作りも進まぬ状況で公式戦を迎え、私同様、選手も不安だらけのスタートとなった。対戦相手の一宮商業高校もメンバーが揃わない中でのゲームとなったが、8対0で本校が勝利した。

 1月19日(日) の予選リーグ第2戦は清林館高校と対戦。久しぶりの対戦は、清林館の連戦と人数不足も重なり、本校が圧勝した。他の予選リーグの結果を見ても点差のついたゲームが多かったようである。新人戦あるあるとは言え、どこのチームも部員数確保が喫緊の課題であり、女子サッカーの今後すら心配される状況である。どうしても華やかな部分に目が行きがちだが、試合に敗れても困難に立ち向かう部員、指導者がいることが女子サッカーの土台を支えている。女子スポーツの中でも人数が多く必要なチームスポーツだけに苦労も多いが、サッカーから得るものが本当に多くある。

 1月25日(土) から決勝トーナメントが始まる。本校は2月1日(土) の準々決勝からの登場となる。対戦相手は松陰高校と時習館高校の勝者。今いるメンバーを生かせる戦いで勝負に挑む。目指すところはまだまだ先にある。

ページの先頭へ戻る

第28回全日本高等学校女子サッカー選手権大会1回戦

 新年明けましておめでとうございます。

 月日の流れの早さを常に感じながらも新時代に適応し、長年の経験を生かして、前に突き進む所存です。2020年もよろしくお願いします。

 1月3日(金)に第28回全日本高等学校女子サッカー選手権大会1回戦がいぶきの森球技場で行われた。対戦相手は北海道代表の大谷室蘭高校で、初対戦となる。渡邉監督とは昨夏のインターハイ会場での9地域委員長会議、マッチインスペクターで同席し、面識も交流もある。

 大谷室蘭のキックオフで試合開始。緊張気味の選手たちと大谷室蘭の大きいボール、球際の強さに押し込まれる展開。苦しい時間帯が続き、前半11分に失点。その後もボールは収まらず、味方同士の距離も遠い。選手交代するもそのまま0対1で前半終了。昨年の聖和学園戦と同じスコア。ゲームはこれからと送り出す。後半は前半とは変わり、押し込む展開が続く。ラストパスの精度と相手4番のヘッドを含めた守備に得点が奪えない。それでも後半18分、途中出場のきょうかが胸コンからのボレーシュートがキーパーの手をかすめ、ゴールに吸い込まれる。スーパーな同点ゴールに狂喜に沸くベンチと応援席。ここからが勝負と攻めるも追加点が奪えず、1対1のまま試合終了。勝負は運命のPK戦へ。お互いが4本ずつ決める。先攻の本校が5人目でキーパーに止められ、相手が決め、PK戦で涙を飲んだ。PK戦は非情な結果をもたらすが、ルール上仕方ない。男子同様に実力伯仲の高校選手権ではPK戦はつきものである。1点の重みを強く感じざるを得ない。

 この試合で3年生の高校サッカーは終わりを告げた。宿舎に戻り、3年生16名からの言葉を聞いた。時間にして2時間弱。何度も涙で言葉が出なくなる。それぞれが経験した、感じたことだけに一言一言が重い。やめたかった、試合に出たかった、仲間、けが、感謝、別々の道のキーワードがやはり多い。

 常々口するが、サッカーだけ出来ても社会では全く意味がない。高校サッカーを通じて多くの経験を積んだ。それを次のステージで生かしてほしい。そうすることが最大の恩返しになる。まだ卒業まで時間はあるが、ひとまずお疲れ様。

☞ 引退したメンバー … なるなあここあしおあんひかりまりんかなええみりまなえりひよりりあるまこかえさえ

 1,2年生に休んでいる暇はない。チーム作りは何にも出来ていないのだから…。

 最後に、年始の忙しい時に現地まで足を運んで応援してくださった保護者、教職員、生徒、OG、サッカー関係者の方々、また遠くで見守ってくださった方々、本当にありがとうございました。スタッフも含め、部員たちは最後まで全力で戦い抜きました。敗戦はすべて監督の責任です。この敗戦を糧にまた1から頑張ります。これからも聖カピタニオ女子高校サッカー部を応援していただけたら幸いです。

ページの先頭へ戻る

顧問の独り言

 もう今年の暦も2週間余りを残すのみ。あの全国大会出場を決めた東海予選からほぼ1ヶ月が過ぎた。と言うことは、ブログの更新からほぼ1ヶ月。毎日更新を続ける南山高校女子部の梅垣先生、文京学院大学女子高校の床爪先生には到底及びません…。

 2学期期末試験も終わり、チームは第28回全日本高等学校女子サッカー選手権大会に向けてトレーニング中。久しぶりに行われる試合は、12月14・15日に静岡県の時之栖うさぎ島グラウンドで行われる東海Grand Liga である。その他の試合に関しては12月24日~26日だけは大阪に遠征するが、残りは愛知県・岐阜県のチームにお願いしてのTRMである。完全な地元志向である。

 ここまで来たら、もう失うものは何もない。大会運営に携わる多くの方々に感謝し、応援してくれる人、夢の破れたチームのためにも、高校女子サッカーの発展のためにも、そして天国のおふくろのためにも、1戦1戦を全力で闘う所存である。悔いを残さないためにも…。

ページの先頭へ戻る

第28回全日本高等学校女子サッカー選手権大会 東海予選

 ブログの更新に間が空きましたが、公私ともに多忙だったためご容赦を…。

 11月17日(日) 第28回全日本高等学校女子サッカー選手権大会東海予選の3位決定戦が長良川球技場メドウで行われた。この試合で勝った方が全国出場の最後の一枠が決まる。両校にとって明暗が分かれる重要な一戦である。対戦相手は三重県代表の神村学園伊賀分校である。奇しくも今日が初対戦である。創部2年目にして、インターハイ東海予選、皇后杯東海予選、高校選手権東海予選に出場しているチームで、顧問である吉永先生の吉永イズムがすでに浸透している。

 前半24分にまこの狙いすましたミドルシュートが決まり、1点を先制。前半33分にはスローインからサイドを崩され、失点し、1対1の同点で前半を折り返す。後半15分、まこのクロスをえみりが押し込み、2対1とリード。ここで守りに入ってはひっくり返される。とにかく次の1点を奪いに行くが、そこは神村ディフェンスが許さない。最後は神村の猛攻を耐えて2対1で逃げ切り、苦しい試合に勝利した。これで4年連続9回目の全日本高等学校女子サッカー選手権大会出場を決めた。

 インターハイ県予選で敗れてからの半年間はとても長く感じられた。もう一度同じことを繰り返せと言われてももうできない。選手たちも同様であろう。まだ3年生とサッカーを続けることができる。全国出場が決まった32チームの1つに残れたことは幸せである。今日1日は労をねぎらい、余韻に浸ってもいいだろうが、また明日からは次へのスタート。

 最後にここまでチームを支えてくれた保護者・サッカー関係者・スタッフ・教職員・高校女子サッカーの仲間たちetc、本当にありがとうございました。これからもよろしくお願いします。

 なお、第28回全日本高等学校女子サッカー選手権大会の抽選会は11月24日(日)にJFAハウスで行われる。

 

ページの先頭へ戻る

第28回全日本高等学校女子サッカー大会愛知県予選 決勝リーグ第3節

 10月26日(土) に第28回全日本高等学校女子サッカー選手権大会愛知県予選決勝リーグ第3節(決勝)が名古屋経済大学で行われた。対戦相手は、もう新興勢力とは言えないほどの実力をつけてきた豊川高校。昨年の予選も同一カードで最終節を戦い、PK戦で辛くも勝利している。

 試合は立ち上がりから豊川高校のペースで展開し、ファーストシュートも豊川。ここまでの激戦でベストなメンバーが組めなくとも、力が落ちないのは牛田監督の手腕と言った所か…。前半25分、豊川のお株を奪うドリブルからまこがミドルシュート。手前でバウンドが変わり、ボールはゴールに吸い込まれる。待望の先制点ではあるが、ペースはなかなかつかめないため、私の喜びはなし。前半35分、左サイドからのクロスをまなが丁寧に押し込み、2対0。まながキラリと輝いた瞬間であった。前半39分、コーナーキックからなるが決め、3対0。ただ、ここからが本校の甘さが出る。相手のキックオフに対して突破を許し、クリア後のラインコントロールも中途半端で失点。この1点が後々ゲームを難しくした要因となる。後半に入り、ようやく守備も安定してきた所からのカウンターで、後半21分に失点し、3対2となる。予想通りゲームはわからなくなる。ところが後半25分にまこの個人技が炸裂し、4対2と突き放す。この得点の相手に与えるダメージは大きく、このまま逃げ切った。苦しい試合が続くも何とか6年連続14回目の優勝を飾った。ただ、まだ何も得ていないし、満足もしていないが、3年生とサッカーを続けられる喜びは忘れてはならない。

 最後に、選手たちの頑張り、スタッフ、保護者、OG、教員、サッカー関係者の応援があっての優勝に感謝したい。本当にありがとうございました。また、2週間前の緊急入院から病床で戦うお袋にもこの優勝を報告したい。そして、もう頑張らなくてもいいよと…。

ページの先頭へ戻る