2017年10月|聖カピタニオ女子高等学校|多田の高校女子サッカー奮闘記ブログ

「2017年10月」の記事

決勝リーグ最終戦(決勝)

 10月21日(土) 心配された雨も小康状態になり、愛知県予選の決勝リーグ最終戦(VS安城学園高校)は17:10 kick off で行われた。ナイターでの試合に老眼の入った私の眼には、ゲームの展開同様、いささか先が見えにくかった。

 今年に入り、5回目の安城学園高校との公式戦での戦い。監督の中野先生とは何回顔を合わせているか数えきれない。立ち上がりからお互い集中力があり、球際の攻守も一歩も譲らない。それでも8割方本校が攻め込む展開に。ところが、安城学園守備陣もブロックを引き、集中力を切らさない。30分過ぎても得点が奪えない。いわば、固い守備からカウンターを繰り出す安城学園のペースと言えよう。0対0での折り返しを覚悟した前半37分、ちいなが放った強烈なシュートをキーパーが弾き、それをえみりが押し込んだ。スリッピーなピッチを生かしたシュートと、次への予測が生み出したゴールである。

 前半を1対0で折り返し、言わずもがな次の1点が勝負を分ける。すると、後半2分、混戦からなるが左足を振り抜き、貴重な追加点を奪う。この時間帯での失点が相手に大きなダメージを与え、後半15分、26分にはちいなが右足、右頭で追加点。この時点で大勢は決まったが、安城学園は“仲間のために、自分のために” “結束” してボールを追い続ける。そこはゆるぎない。それでも後半31分、ひかりが公式戦初ゴールを決め、歓喜の輪に包まれる。守備陣も集中力を最後まで切らさず、安城学園の攻撃をシャットアウトし、5対0で4年連続12回目の優勝を飾った。雨の中、遅い時間帯に関わらず、応援し続けたベンチ外の選手たちを始め、保護者、教員、生徒、OG、サッカー関係者など多くの声援が力になり、選手たちはいつも以上に躍動し、全力を出し切った。会場の三壁さん、松下さん、井上委員長も含め、本当にありがとうございました。

 今回はたまたま点差がついたが、名勝負はこれからも続くであろう。本校と安城学園は愛知県代表として、11月4日(土) に柳川瀬公園サッカー場で行われる東海予選に出場する。両校揃っての全国出場(東海地区3校)にチャレンジする。そのためには負けられない一戦となる。まだまだ気の休まる日は来ない。

第26回全日本高等学校女子サッカー選手権大会 東海地区予選 組合せ 10月23日現在

pdfはこちら

第26回高校選手権東海大会組合わせ

 

ページの先頭へ戻る

第26回全日本高等学校女子サッカー選手権大会愛知県予選決勝リーグ

 9月30日以来の登場。10月もはや中旬になり、一気に秋の深まりを感じる。体調管理には気を付けましょう!

 10月14日(土) 決勝リーグ第1節。対戦相手は着実に力を付けている豊川高校。雨の予報であったが、私のロングブーツ(単なる長靴) は全く必要なく、13時キックオフ。程良い緊張感の中、ゲームはスタートし、一方的に押し込む展開。それでも豊川高校も耐え、個人技・コンビプレーで打開を図る。均衡を破ったのは、前半18分の左CKから。キッカーに指名されたこはるのキックは大きく弧を描き、直接ゴールに吸い込まれた。こはるの久しぶりのゴールが貴重な先制点となった。追加点は前半30分。まいかの狙いすましたシュートが枠を捉え、久しぶりの先発出場に応える。後半に入ると、豊川がリズムよく攻め始める。ベンチワークにも問題があり、ドタバタする時間が多くなったが、追加点は後半36分。交代出場のえりが公式戦初ゴールを決め、3対0とリード。それでも諦めない豊川にゴールを奪われ、3対1で試合終了。

 10月15日(日) 決勝リーグ第2節。対戦相手は毎年ひと夏を越してからの成長が著しい同朋高校。前日安城学園高校に敗れているため、同朋にとっても東海大会出場のためには勝ち点がほしい試合。朝から雨が降り続く中、10時キックオフ。立ち上がりから攻め続け、前半8分、左からのクロスをちいなが押し込み先制。続く14分にもちいなが決め、2対0。早い時間帯に得点が入ったものの、同朋の粘り強い守備からのカウンターを何度も受けた。テンポもパスの精度も悪く、このまま2対0で折り返す。どうもうちのチームは前半を2対0で折り返すのがルーティンのようだ。後半に入り、途中出場のまこが追加点を奪う。すると、堰を切ったかのようにちいなが3得点、あゆが久しぶりのゴールを奪い(順不同)、結局7対0で勝利し、16年連続19回目の東海大会出場を決めた。ここで、当然満足することなく、10月21日(土) 17時キックオフ(於:名古屋経済大学G)の安城学園高校戦に臨む。苦しみながらも東海大会出場を勝ち取った安城学園。らしい勝ち方に成長を感じずにはいられない。熱戦は必至。ぜひ注目あれ!!

ページの先頭へ戻る