インターハイ|聖カピタニオ女子高等学校|多田の高校女子サッカー奮闘記ブログ

「インターハイ」 タグの記事

令和元年度インターハイ東海予選(東海総体)

 6月22(土)・23日(日) に藤枝総合運動公園・藤枝市民グラウンドで、インターハイ東海予選が行われた。予定ではこのピッチで激戦を勝ち抜くための戦いを繰り広げるはずが、ピッチ外からの観戦となった。毎年感じていたことだが、2日間で3試合を17名登録で戦うのは至極厳しいレギュレーションである。他の種目と男子との兼ね合いと一蹴されるが、改善の余地は残る。

 大会の寸評はここでは控え、結果だけを掲載する。藤枝順心高校が3勝0敗(VS神村学園伊賀分校3-0、VS帝京大可児2-0、VS豊川5-0)で優勝。帝京大可児高校が2勝1敗(VS豊川1-0、VS神村学園伊賀分校1-0)で準優勝。神村学園伊賀分校が2敗1分(VS豊川0-0)、豊川高校2敗1分。藤枝順心の8連覇も見事であるが、岐阜県代表として、念願のインターハイ初出場を果たした帝京大可児の戦いぶりも見事であった。神村学園伊賀分校においても最後まで走り抜き、初舞台で躍動した。愛知県代表として、部員たちの大きな夢に向かって必勝を誓った豊川。順心戦は観戦していないが、一進一退の可児戦、攻め続けた神村戦、いづれも紙一重だっただけに、悔しさは計り知れない。我がチームの大きな課題でもあるが、1点の重みを強く感じる大会であった。

 本校はテスト期間中で部活はオフ。進学のために勉強にも一切の妥協も許されない。私はテスト作成と並行して、夏休みの計画を作成中。もちろんサッカー部の。とにかく多田出没注意と言ったところか…。

 中学生の皆さまにアナウンス。7月27日(土)・28日(日) の両日、本校にて高校生活入門セミナーが実施される。学校の説明とサッカー部の体験会も両日行われる。都合を付けてぜひご参加を。部員たちは沖縄インターハイには行かず、温かく皆さまをお迎えします。参加申し込みはこちらから。

2019seminar_banner_640_300

ページの先頭へ戻る

2016 インターハイ

 “ なんということでしょう ”

 2016 全国高校総体(インターハイ)のチャレンジは終了した。開会式前日に甲賀健康医療専門学校に寄り、星翔高校、ルネス学園U-18とTRM。肉体改造中のルネス学園校長諸岡さん、鳥飼さん、星翔の井尻さん、安城学園の中野先生、桐陽の吉岡先生の激励を受けて、広島県に入った。思った以上に遠く感じられた。宿舎では、立正大しょう南のメンバーと同宿。監督はセットプレーのDVDも出している南監督。念のために言っておくが、スーパーダンク選手権のDVDではない。修徳高校の有賀先生と大学時代の同級生と言うこともあり、少し話をさせていただいた。中京大中京を破った青森山田との2回戦は2-4で敗れた。

 開会式当日(7月28日)の午前に群馬の前橋育英と半面ずつに分かれて調整。すると、対戦相手の十文字も同会場での練習が割り振られており、まさかの顔合わせ。そこに石山先生の姿はない。開会式では地元の高校生の生演奏とダンス部のパフォーマンス、地元女子サッカー部キャプテンの熱いメッセージ、広島文教の選手宣誓などがあり、温かいおもてなしの心が伝わる開会式であった。あっ、文京学院大学女子高校の床爪先生のスピーチも心に残った。これだけでもインターハイに出た価値は十分にある。

 試合当日。ここまでやれることはすべてやり尽くした。あとはベンチで見守る予定であったが、いざ試合が始まると、テクニカルエリアぎりぎりまで飛び出し、しゃべり続ける。試合中にはベンチ前に来たボールを手で返さず、ヘッドで返そうとしたら、サングラスを頭の上に乗っけていたことを忘れており、真っ二つに粉砕する始末。ゲーム自体は一進三退の攻防の中、0対0で前半を折り返す。後半に入ると十文字イレブンも石山監督もギアを上げて来た。想定内のことで、むしろチャンスと感じており、そしてあわや得点かと思われるちいなのシュートはサイドネット外に突き刺さった。後半12分、相手の右コーナーキックで変化を付けたパターンからキャプテン村上に決められ、均衡が破られる。その2分後、3分後には≪大工の源さん≫ならぬ≪(ゲーム)メイクの源さん≫に立て続けに決められた。それでもゴールに向かう姿勢は失わず、後半17分、右コーナーキックから交代出場のまいかが落ち着いてゴールに流し込んだ。当然、いい流れになりかかったゲームは、GKまゆかの負傷が判断・反応を遅らせ、2失点する。結局1対5で一回戦で姿を消した。試合の様子は[十文字対聖カピタニオ]で検索すれば確認できる。今日(7月31日)準決勝2試合が行われ、決勝進出の2チームが決まった。日ノ本学園の5連覇を阻止した藤枝順心と十文字に1対0で勝利した作陽との対戦である。当然どちらが勝っても初優勝となる。特定のチームに偏っていた有望選手が地元に残る傾向が見られ始め、男子同様群雄割拠の時代が近い将来やってくるであろう。そのためにやはり中学年代(ジュニアユース年代)の普及・育成は各サッカー協会の必須の課題である。

 チームは選手権に向けてスタートしている。多くの収穫と多くの課題を持ち帰ってきた。また、インターハイ出場に際し、多方面の方々からの多くの援助と多くの激励を受け、試合当日も多くの関係者の方々の応援をいただいた。本当に多くのありがとうございましたを伝えたい。長かった準備期間も、終わってみればあっという間。インターハイはもう過去のこととして、次に突き進む。念のために言っておくが、決してめぬまカップがピークではない。

 

ページの先頭へ戻る

インターハイ 応援協賛金について

本校サッカー部が東海大会を2位で勝ち進み、7月28日から広島県で始まる平成28年度全国高等学校総合体育大会(インターハイ)に出場します。
 昨年度は四国代表の鳴門渦潮高校に勝利し、ベスト8の成績を残しました。今年度は昨年度以上の結果を残すべく日々練習をしています。
 日頃から、各方面より御教示をいただき、多くの支援をいただいておりますが、サッカー部の 全国総体出場に当たり、ご支 援・ご協力を賜りますようお願い申し上げます。

  1. 応援協賛金: 1口 5,000円(1口以上でお願いします)

  2. 募集期間: 7月29日まで

  3. 振込先: 瀬戸信用金庫 共栄支店 普通預金 口座番号 0845664 学校法人幼き聖マリア女子学園

※一般の方は、以下の記入例に従って振り込んで下さい。
例: イッパン-イノウエハナコ

※卒業生の方は、以下の記入例に従って振り込んで下さい。
 : 卒業西暦年度-生徒名―キフ
例: 2015-イノウエハナコ―キフ

問合せ先
聖カピタニオ女子高等学校
教頭 田口 徹
TEL 0561-82-7711

大会名: 平成28年度全国高等学校総合体育大会 サッカー競技 女子
主催:  (公財)全国高等学校体育連盟
後援:  文部科学省 他
日時:  1回戦 7月29日(金) 12:00  2回戦 7月30日(土) 12:00
       準決勝  7月31日(日)        決勝   8月2日(火)
会場:  1回戦 みよし運動公園陸上競技場  (広島県三次市東酒屋町)
       2回戦 広島県立びんご運動公園陸上競技場 (広島県尾道市栗原町)

ページの先頭へ戻る

2015 君が創る近畿総体 その2

 夏休みに入り、完全に曜日の感覚を失っている。ただ、8月6日は広島に原爆が投下された日であることは一生忘れない。

 対戦相手は、1回戦で東海大五高校(福岡県)を8対0で圧倒した修徳高校。修徳高校はインターハイ初出場とは言え、すでに全国区で実績も十分。監督の有賀先生とは、“いつか全国大会の舞台で戦えるといいね” と会話を交わしていたが、本校が勝ち上がったことで実現。春先(3月)に福井県の丸岡スポーツランドで合同合宿をしているが、この時は0対8で敗れている。セットプレーの他にも攻撃のスピード、バリエーションが増えていたのを覚えている。

 8月6日(木) 準々決勝当日。メンバーとポジションは変更。前日病院に緊急搬送されたみゆうも頭痛が残り、いつまでもつかわからない状況の中、12:00 kick off。お互いテクニカルエリアで選手に指示を出す。待ちに待った光景である。前半6分、修徳が本校右サイドを突破し、左サイドに大きく展開。その折り返しを平川に決められる。早過ぎる失点に動揺があるものの、切り替えて再スタート。しかし、10分過ぎに心配していたみゆうが限界に達し、ななと交代。耐え続けていたが、前半32分、オフサイドを取れずに追加点を許す。これも痛い失点であるが、前半を0対2で折り返し、ハーフタイム。勝負はこれからであるが、選手の疲労は色濃い。それでも諦めるはずもなく、システムを変更し、得点を奪いに行くと指示。後半に入り、いいリズムの時間帯が増えたが、なかなかフィニッシュまで持ち込めない。球際の強さ、ヘディングの競り合いでも勝てない。中盤のたきの腰も限界に近づき、CBなおも足首を捻り、負傷退場。ひなのみきを投入して、局面打開を図るが実らない。最後のカード、みのりを入れてもみのらない。すると、後半31分、個人技で中央突破され、追加点を奪われ万事休す。そして、試合終了のホィッスル。夏のチャレンジは皮肉にもお互い切磋琢磨してきた修徳高校に敗れた。完敗であったが、現状を見ればこの結果もやむなし。選手たちは悔し涙にくれた。その涙が一過性のものでないことを願う。そして、みのりはこの試合で引退。怪我、手術、リハビリと長期間苦しみ、完全復活とまではいかなかったが、受験の壁に立ち向かい、乗り越えてほしい。みのりの願いがみのりますように!!

 初のインターハイはベスト8で終えた。2試合フル出場は、さおりえみりあやかサリーたきゆなの6人。それぞれが満身創痍であったが、17名の登録選手、残りの18名のサッカー部員で勝ち取ったものである。無論、応援・サポートしてくれた人たちの力はすこぶる大きい。決して上手な選手ばかりではない。それでもここまでは戦える。多くのチーム、サッカー部員に勇気を与えることができたように思う。もう、他のチームは冬の選手権に向けてスタートを切っている。ベスト8はもう過去のこととして、また新たな目標に突き進んで行く。

 これからも応援よろしくお願いします。

 修徳高校は準決勝で大商学園高校と対戦。熱戦も結局PK戦で敗れ、第3位。修徳高校のすごいのは今年に入り、東京都の新人戦、インターハイ東京都予選、関東地区予選、皇后杯東京都予選、インターハイと無敗でここまできていることである(PKは記録上は引き分け)。それでは、お互い全国高校選手権大会に出場し、本校が修徳に黒星を付けるとしよう。待ってろ、有賀!

 『夏の冒険西へ東へ』はインターハイ後すぐに、エスパルスカップに参加して終わった。

ページの先頭へ戻る

2015 君が創る近畿総体 その1

 長旅を終え、久々にPCに向かい執筆している。

 8月2日(日) 3日(月)にインターハイ最終調整の名目で、何だかホームになりつつある名古屋経済大学Gで修徳高校とAチーム(登録メンバー)はトレーニング(別々)、BチームはTRM(可能な限り)を行った。こんな暑さの中でサッカーをやっていていいのだろうかと思うくらい(きっとダメだろう)の暑さの中での調整。インターハイの開催時期が変わらない限り、どのチームも暑さが最大の敵である。ここまで万全な対策で熱中症は誰も出ていなかったが、まさか本番で出ようとは…。

 8月3日(月)の午後に移動して兵庫入り。暑さは愛知と変わらずと言った所。8月4日(火)の午前に神戸学院大学Gで練習した後に代表者会議。知った顔が並び、緊張感はなし。その後、グリーンアリーナ神戸の体育館で開会式。色々な思いが蘇るとともに、大会関係者のここまでの準備、リハーサル、運営など、多大な苦労があったからこその立派な開会式に感動を覚えた。我々のために本当にありがとうございました。その後、試合会場を視察し、モチベーションをアップし、翌日の試合に備えた。

 8月5日(水) 試合当日。朝から今までと変わりないの暑さ。選手も程良く緊張している。そして、12:00 kick off。

 立ち上がりから積極的にゴールに向かい、スムーズな入り。そして、前半5分、コーナーキックを得る。あやかの弧を描いたボールは相手DFに当たり、ゴールに吸い込まれた。全国大会初得点はOGであったが、幸先のよいスタート。ところが、その2分後、DFまあが足首を負傷。交代を余儀なくされる。突然のアクシデントに交代選手、配置、戦術に手間取る中、前半13分、またもコーナーキックからあやかが自身の成長を見せつけるシュートがゴールネットを揺らし、2対0。この点差の怖さはすでに折り込み済みであったが、まだ時間がたっぷりあることで決して安心できない。ここで、ようやくななを投入。突然の交代に当然プレッシャーはあっただろうが、この試合に賭ける思いは強い。すると、前半25分、このなながミドルをきっちり決める。家族が見守る中、得意の左足を振り抜いた。その後も集中力は切れずに前半を3対0で折り返す。これ以上ない前半である。

 後半に入ると鳴門渦潮のイレブンがギアを最大に入れ攻撃してきた。四国代表としての誇りと意地がそうさせるのであろう。怒涛の攻撃にも対応していたが、後半12分、GKのクリアが相手に渡り、豪快なミドルシュートがネットに突き刺さり、これで3対1。ここでまた、アクシデントが襲う。中盤のみゆうが熱中症で完全にダウン。容易に厳しい戦いが予想される。しかし、交代のいまほを含め、ベンチも控え選手も応援団も一体となって戦う。そして、試合終了を告げるホィッスルが鳴り響き、3対1で勝利が確定した。本当に多くの声援、応援が力となり、前半の3得点につながったように思う。東海地区、愛知県の代表として勝てたことも大きい。試合後の挨拶でようやく、保護者、在校生、教員、クラブチーム、サッカー役員、指導者など多くの方々がいたことに気づく。暑い中、遠方まで本当にありがとうございました。まず、インターハイ1勝(ベスト8進出)の目標を達成した日であった。

ページの先頭へ戻る