グランパスVSフロンターレ前座試合|聖カピタニオ女子高等学校|多田の高校女子サッカー奮闘記ブログ

「グランパスVSフロンターレ前座試合」 タグの記事

愛知県高校選抜(グランパスVSフロンターレ前座試合)

3月13日(土)に、名古屋グランパスと川崎フロンターレの2010年Jリーグホーム開幕戦が豊田スタジアムで行なわれた。

グランパスは大型補強でJリーグ初制覇の期待が大きく膨らんでおり、その応援を兼ねてこの日は各カテゴリーで色々なイベントが行なわれた。09_赤鯱軍団

その1つが高校女子を2つ(赤鯱軍と白鯱軍)に分けて、前座で試合を行なう企画である。

各高校から1?3名を選抜してもらい、14名ずつでチームを作った。

その赤鯱軍監督が私である。09_白鯱軍団

人は私のことをタダビッチと呼ぶ。

白鯱軍の監督には旭丘の中西先生が務めてくださった。09_トヨスタ_集合

永年高校女子サッカーの指導に携わって、愛知県の高校女子サッカーの発展に大きく貢献してくれたという事で2人に白羽の矢が立った。

交流試合_カピ軍団本校からはともみ、よしみ、なみの3名が選抜され、完璧な芝生のピッチの中でサッカーを楽しんだ。

ピッチ内にはたくさんの水がまかれているのには正直驚いたが、これもプロの試合のための準備なのだと感じた。名監督

あと公式戦前とあって、グランパス関係者が非常にピリピリとしており、独特の緊張感があった。

前座が終わり、通路に戻った時と選手がバスから降りてくるのがちょうど一緒になり、ピクシーを先頭にどの選手からも緊張感が漂い、とても声を掛けれる状況ではなかった。

ただ闘莉王は高校生に笑顔で手を振った。

高校生達は同じピッチでサッカーしたことよりもグランパスの選手を間近で見たことの方が嬉かったのかもしれない。作戦は?

少なくとも私やドサクサに紛れていた顧問の先生達はそうであった。

また、試合の際に着たユニホームはグランパス側から支給され、記念の品となった。

監督用のものが支給されないのには多少の不満が残るが、お礼申し上げます。見つめる先は

ありがとうございました。

蛇足で結果を載せると、赤鯱軍対白鯱軍は2対1で赤鯱軍の勝ち。

肝心のグランパスは2対3で敗れる波乱で幕を閉じた。

タダビッチはこの日を持って引退しますが、まだJリーグは始まったばかり。

これからも名古屋グランパスを応援します。頑張れ!グランパス。次はこの作戦で!

本校の“Win!”の横断幕にはグランパスの選手のサイン(闘莉王、金崎、ダニルソン等の新入団の選手のサインはない)が書かれている。

身近に感じているチームだけに活躍してほしい。

もちろん本校にも果たさなければならぬ使命がある。

5月30日(日)にここ豊田スタジアムで、高校総体の決勝トーナメントが実施されることが決まった。

その日に勝利することが1つ目の使命である。

ページの先頭へ戻る