優勝|聖カピタニオ女子高等学校|多田の高校女子サッカー奮闘記ブログ

「優勝」 タグの記事

決勝戦

 6月2日(日)15:00筋書きのないドラマが始まった。正確には14:57キックオフ。開始早々、ゴールラインを割りそうなルーズボールにももかが猛然とダッシュ。スライディングでの競い合いの末、コーナーキックにする。そのコーナーキックをりほが蹴り込み、あっという間の先制点。誰も予想していない両ベンチが呆気にとられるような立ち上がりとなった。15時きっちりに来た人にはゴールを見逃す結果となる時間帯での得点であったため、気持ちは0対0とかわらず入っていけた。その後すぐにピンチを迎えるもののDF陣が耐え、得点を許さない。その結果、1対0で折り返す。熱い戦いゆえ試合がよく中断する。とは言え、決して汚いファウルではなく、正々堂々と戦う上でやむなく起こるものである。主審もゲームをよくコントロールしていた前半と言える。後半に入っても小康状態が続き、立ち上がりに奪った1点が時間とともに重みを増していく。これまた両ベンチとも予想していなかった展開であろう。後半25分、絶好のチャンスが訪れる。クロスボールにさおりが絶妙なファーストタッチでキーパーをかわし、ドリブルで抜け出した瞬間、後方からチャージを受け倒される。ペナルティエリアの外ではあるが、判定はレッドカード。涙の退場となったが、その後のフリーキックは枠外にはずれ得点にはならなかった。10人での戦いは余儀なくされるが、スコアは1対0のままである。後から主審から聞いたことであるが、ファウルの瞬間、ベンチから私が大声で叫んでいた声がはっきりと聞こえたらしい。面目ない。もちろんそれが判定に影響与えたことはないとのこと・・・。そんな攻防の中、アディショナルタイムに突入。何度も担架が運び込まれたり、負傷でプレーが止まったりで、その時間5分。まだまだ時間はある。すると、あやかが左サイドをえぐり、センタリング。それをももかが決めた。試合中、頭を打って一時退場していたももかが頭で決めるから、サッカーはわからない。椙山もあきらめることはない。ペナルティエリア外から得たフリーキックを10番の頭脳的なプレーで1点を返す。2対1となり、時間も3分余りある。そこで守りに入り、追いつかれると先は見える。攻める気持ちをあおりながら、タイムアップの笛を聞いた。お互い力を出し合い、苦しみ抜いての勝利であった。得点シーンに限れば、最初と最後の時間帯だけであったが、見応えのある内容だったように思う。勝因を挙げるとすればいくつか思い浮かぶが、やはりキーパーを含めた守備陣の頑張りが一番であろう。普段あまり脚光の浴びることが少ないDF陣であるが、今日のゲームに関しては及第点を与えたい。また、この日の3位決定戦、決勝戦のために運営協力してくれた市邨、岩倉総合、春日井商業の生徒たちにも感謝したい。あと、この暑い中ゲームをコントロールし、好ゲームを演出してくれた審判団の活躍も忘れてはならない。6月15,16日の東海総体では愛知県の代表として、負けた18チームの思いも背負って全力で戦うことをここに誓う。

ページの先頭へ戻る

準決勝

 5月26日(日)快晴のもと、準決勝の松蔭戦が名古屋学院大学で行われた。松蔭イレブンが気迫十分に挑んでくる中、前半15分、はるみが長い距離を走りこぼれ球を押し込み、今大会初得点で1点を先制。19分にはともなが、23分にはももかが得点し、3対0で折り返す。後半1分、りほがドリブルから豪快に決めて4対0。攻撃に関わる人数が増え、リズムもよくなり、後半7分にともながヘッドで、8分にももかがドリブルから得点し、6対0と勝利を決定づけた。ところが、ここから悪夢が待ち構えていた。まさしく好事魔多し。前線で自分を犠牲にし、ポストプレーから攻撃の起点として献身的にプレーしていたはるなが、相手との接触プレーで左膝を負傷。この負傷で交代を余儀なくされた。勝手な推測であるが、試合当日から気合いが入り、得点をし、勝利に貢献したいとの強い思いが6対0の状況でもあせりを誘発していたのかもしれない。はるなの退場から選手たちも動揺し、ゴール前のパスミスから得点を許す。ドタバタしたまま6対1で試合終了したが、後味の悪いゲームとなった。準決勝のもう1試合はお互いのよさが出た好ゲームで、最後まで予断を許さない展開であったが、結局3対1で椙山女学園が旭丘に逆転勝利し、決勝進出を決めた。新人戦の決勝と同じ顔合わせとなり、椙山女学園にとってもリベンジと位置付けられるカードとなる。はるなの怪我で背負うものがまた1つ増えたが、目指す所に変わりはない。6月2日(日)15:00 kick off。この日に6月15日(土)16日(日)三重県伊勢市で行われる東海総体に出場できるチームが決まる。

 最近、どういう訳か私自身男子高校サッカーにも関心が高まっているが、愛知県のインターハイ出場(2校)をかけた戦いも佳境を迎えている。中京大中京、名古屋、刈谷、東海学園が決勝リーグに残り、2試合を終えた現時点で、名古屋(勝ち点6)、中京大中京(勝ち点5)、東海学園(勝ち点4)、刈谷(勝ち点0)となっている。新人戦優勝の刈谷には残念ながら可能性はないが、残り3校にはいづれもチャンスがある。過去ベスト8が最高の名古屋は刈谷戦を残し、一番有利な状況であることに変わりはなく、悲願のインターハイ出場なるか。中京大中京と東海学園は直接対決。得失点差のこともあり、引き分け(PK戦)になれば中京大中京がインターハイ出場決定。東海学園が勝てば、東海学園がインターハイ出場。とにかく6月1日(土)に雌雄を決する。

 今日から5人の教育実習生が来た。全員本校の卒業生であるが、その内3人はサッカー部で初めて全国高校女子サッカー選手権大会に出場したメンバーで保健体育を担当。メンバーのもう1人は来週から中学校で実習予定である。3週間の短い間ではあるが、いい経験と苦労をして教員でないと味わえない瞬間を実感してほしい。放課後はサッカー部員がグラウンドで待っている。自分の仕事は後回しにして、生徒がいる間は生徒と関わろう。私が今でも実行していることの1つである。

ページの先頭へ戻る

新人戦準決勝・決勝

2月11日(土)準決勝。椙山女学園との対戦。前半6分、あづさが右サイドから抜け出して先制ゴール。12分今度はしおりが左サイドから抜け出して2対0。20分にはあづさが決め、3対0。理想的な時間帯での得点で余裕のゲーム運びができると思いきや、相手との接触ではるみがイエローカードをもらう。準々決勝ではれいが1枚カードをもらっている。もちろん遊戯王カードではない。←こんなボケはいらない?!もう1枚もらうと決勝には出れなくなる。そのため、後半から選手を入れ替える。相手チームもシステムを変更。その結果、後半だけで、しおりが3点、ももかが2点、あづさが1点、さきが2点を奪った。ただ、相手キャプテン10番の意地のゴールとカウンターから2失点。少ししまりのないない印象は残るが、11対2で決勝進出を果たした。

?2月12日(日)決勝。相手は予選リーグで旭丘をPKで破った松蔭。試合ごとに着実に力を付けているチームである。奇しくも昨年の新人戦決勝と同一カードとなった。試合開始早々からビックチャンスが訪れるもシュートミス。今振り返ると、このミスがこの日のゲーム展開を暗示していたのである。ポゼッションは7対3ぐらいで本校。サイドアタックを何度も仕掛けるも、センタリングの精度、シュートの精度、判断力ともに低い。当然相手チームの頑張りもあるが、シュート数が20本を超える中で、1得点(しおり)では、ディフェンス陣に与えるプレッシャーが違う。それでも守備陣が3試合ぶりの無失点で踏ん張り、7年連続9回目の優勝を飾った。最低限の目標をクリアしたが、誰も満足していない。これでは全国では戦えない事をおのおのが自覚しているからであろう。

これだけははっきり言っておく。ここから本当の戦いが始まる。

ページの先頭へ戻る

第64回愛知県高等学校総合体育大会 決勝

やりました!3対0で完全勝利。4年連続5回目の総体優勝王冠応援して下さった方々本当にありがとうございました。詳細は後日追記します。数少ない読者の方への速報でした。

改めて報告します。
(さらに…)

ページの先頭へ戻る

平成21年度愛知県高等学校新人体育大会準決・決勝

2月11日(木)生憎の雨雨。ピッチコンディションは重。?準決勝 安城・南山?

10:00キックオフの笛。よしみのシュートで先制。

その後、またよしみ。続いてBoo。ともみが得点して前半終了。

後半に入り、みき、かなえ、なみ、ともみが得点。準決勝 安城・南山?

結局8対0で勝利し、決勝進出。

シュート23本で8点。まあ、日本代表(VS香港)よりましか・・・。

また、得点者も6人でどこからでも得点できたことが、今のチームの成長した部分である。

日によって調子の悪い選手、厳しいマークにあう選手、けがの選手がいる訳で、やはり全体の底上げが大切になってくる。

どこの高校にも当然中心選手がいる。数年前の愛知県の高校レベルでは、経験者で2,3人いれば勝ち上がれたが、今はそれだけでは残れない。

チーム戦術も含め、個人を伸ばす(高める)ことが求められる。まあ、わかっているけどね・・・。

決勝の相手は、春日井商業に2対1と逆転勝ちした旭丘。

予選リーグで対戦し勝利しているが、トーナメントでは部類の強さを発揮するだけに侮れない。

雨脚は時間とともに激しくなり、コンディションは最悪悲しい。得点は多くのぞめそうもない。

14:00決勝の笛。監督の心配をよそに開始1分、アーリークロスからかなえの絶妙なコントロール、シュートで1点先制。決勝 旭丘?

あれほど準決勝で不調だったかなえが貴重な先制点を叩き出すのだからサッカーはわからない。そのわずか5分後にはコーナーキックがオウンゴールを誘い、2対0。

準決勝では7本のコーナーキックも得点には至らなかったのに、この様である。決勝 旭丘?

“This is soccer” そこからは旭丘の頑張り、粘りから追加点を奪えず、試合終了。ついに4年連続の新人戦優勝王冠を果たした。

全国大会出場のメンバーが抜け、実力低下が叫ばれる中、決勝 旭丘?

5試合での総得点27点、失点0で新人戦を終えた。

3年生も保護者も卒業生も応援に駆けつけてくれ、次世代の部員達の活躍を見て安心したに違いない。決勝 旭丘?

色んなプレッシャーの中での優勝はまた格別である。
とったど?!

ページの先頭へ戻る