東海総体|聖カピタニオ女子高等学校|多田の高校女子サッカー奮闘記ブログ

「東海総体」 タグの記事

インターハイ出場決定!!

 もうすでに南山高校女子部の梅垣先生がHPで掲載しているので、事後報告になります。梅蔵早過ぎっ!

 対戦順が決まり、6月20日(土)の三重高校戦に照準を合わせて調整を進めてきた。愛知県勢が3回、夢を砕かれてきた宿敵である。6月19日(金)に柳川瀬公園グラウンドでトレーニングをし、磐田市に入りミーティング。その後、ぶらりと外に出ると、三重高校の生徒とバッタリと遭遇。不思議に思っていると何と宿舎が一緒であることが判明。監督の田中先生とは夜も遅く会えなかったが、何となく気まずさを覚えたこの日であった。

 6月20日(土)大会当日。予報に反して天候は弱雨。静岡県の大会運営の人たちに感謝しつつ、決戦のゆめりあ多目的広場へ。安城学園の部員たち、控えのメンバーたち、学校関係者、保護者、OG、本校生徒から聞こえる応援は選手たちを後押ししてくれる。前半4分、コーナーキックから幸先良く、先制点を奪う。ファーに流れたボールをオウンゴール気味だったが、たきが押し込んだことにしておこう。前半20分、昨年の全国高校女子サッカー選手権大会で得点ランク上位の10番に流れの中から決められ、1対1の同点にされる。当然警戒していたが、ワンチャンスを確実に決めるあたりはさすがである。また、この展開は“三重高校あるある”である。今までの記憶が蘇るとともに、テクニカルエリアからの檄が一段と大きくなる。そして、このまま前半終了。後半5分またもコーナーキックから追加点が生まれる。今度は正真正銘、たきがヘッドで叩き込んだ。小さくガッツポーズを取るが、このまま終わるゲームではないと感じ、すぐに切り替えさせる。選手も次の1点を奪おうと呼応する。すると、すぐに決定機を迎えるもシュートはバーの上。リードしているとゲームは長く感じるものだが、このゲームは違った。見ていた人は長かったようだが…。しかし、ここまま終わらないのが三重高校のプライド。後半32分、三重のコーナーキックからキャプテンの放ったヘディングシュートがクロスバーを叩く。神が下りた瞬間であったのだろうか。それからしばらくして試合終了のホイッスル。心地よく、全身に響いた。様々な思いが蘇り、色々な顔が浮かんでは消えた。結局2対1で大事な一戦を勝利で飾ったが、まさしく全員で勝ち取った勝利と言えよう。

 6月21日(日)藤枝順心戦。前半3失点、後半3失点し、0対6で完敗。個の力の差、球際の強さ、中盤での対応のまずさで圧倒されたゲームであった。第3戦は富田高校戦。富田高校は7人で岐阜県予選を戦い、そして岐阜県代表として東海総体に出場。ルールでは最低限7名いれば試合はできる。1人でもかけると没収試合となる訳である。ここまでの2試合での失点は70点。選手の気持ちをおもんばかると心が痛い。それでも7人の選手たちは最後までピッチに立ち戦い続けた。監督の加藤先生も優しく、見守り続けた。この日で4人の選手が引退するらしいが、苦難を承知の上で戦いに挑み、最後までやり切った精神力は、今後あらゆる場所で生かされるに違いない。

 富田高校との試合で前半18点、後半10点を奪い、インターハイ出場を決めた。本来嬉しいはずの瞬間が交代選手の不甲斐なさに喜びが半減した。インターハイに向けての戦いは始まっている。控え選手たちのインターハイに賭ける思いもすこぶる強い。17名の登録メンバーの争いも一段と厳しさを増す。

 以前も書いたが、今回インターハイ出場を決めて感じたことは、サッカー部のことを応援、期待、気にかけてくれている人が多くいたことである。私は女子サッカーに関わって今年で26年目になる。決して優秀な指導者ではない。ただ、この間に女子サッカーに興味を持ってくれる人、指導者、選手、チームが増えてきたことには誇りを持ちたい。そして、インターハイでは個の力で劣ってもチーム力で戦えることを証明するためにも全力で戦うことを誓う。

 注目の対戦相手は6月27日(土)にJFAハウスで決定する。翠先生よろしくお願いします。

 今日はエコのため、ライトダウンの日。19時には学校は消灯。なので、もうこの辺でシャットダウンします。

ページの先頭へ戻る

速報

 女子W杯カナダ大会で、日本代表が1対0でスイス代表を破りました。『そっちか?い。』

 失礼しました。先程、東海総体対戦順が決まったと桐陽高校の吉岡先生から電話が入りました。

 6月20日(土) 12時キックオフ 聖カピタニオ 対 三重

 6月21日(日) 10時キックオフ 聖カピタニオ 対 藤枝順心

          14時キックオフ 聖カピタニオ 対 富田

 

ページの先頭へ戻る

第68回高校総体 決勝

 6月1日(日)3位決定戦の安城学園対旭丘戦が延長、PK戦に突入し、試合開始が13時キックオフにずれ込んだ。気温もあと1℃で猛暑日に突入。試合前から体力勝負の予感が漂う。試合開始から特別大きな声を出すこともなく、静かにゲームは進む。今大会を象徴するかのように流れの中から得点を奪えない。そんな中、前半26分、コーナーキックからまゆがヘッドで決め先制。後半に入り、決定機を何度も迎えるものの決め切れない。そんなことを繰り返すと流れが変わるのもサッカー。案の定、相手も目を覚ましたかのように厚みのある攻撃を繰り出す。そこを耐えた後半25分、あやかからなぎさへとボールが渡り、なぎさが貴重な2点目を決める。その後、何度か攻防があったが、そのまま2対0で、2年連続8回目の高校総体優勝を飾った。内容は決して褒められるものではないが、勝負では勝ち切った。こんなに暑い中、校長先生をはじめ、多くの方が応援して下さり、本当にありがとうございました。本当に大きな力となりました。また、運営にも多くの方が協力して下さったことを感謝します。そして、試合直後にもかかわらず、椙山女学園のスタッフからも東海総体で頑張ってと温かいエールを頂いた。

 ここはあくまでも通過点。今日試合に出たメンバーも安閑とはしていられない。まだまだ緊張感を持って練習できることに感謝し、レギュラーを奪い取れ。もう次の戦いは始まっている。

 

ページの先頭へ戻る

第68回高校総体 準決勝

 5月25日(日)の準決勝は夏を感じさせる陽気の中、10時30分キックオフ。対戦相手の旭丘高校は公式戦で毎回顔を合わせる、いわゆるライバル校。経験者がほとんどいない中、準決勝まで勝ち上がってくる力はさすがである。ゲームは立ち上がりから一方的に攻めるものの、相手の寄せの早さとキーパーの好セーブに得点を奪えない。そんな展開の中、先制点は17分のコーナーキックから。新人戦決勝でも2得点したまあが身体ごと押し込んで、貴重なゴールを決める。前半アディショナルタイムにもコーナーから1年生たきが蹴り込んで2点目。後半に入ってもフィニッシュが甘く、追加点が奪えない中、途中交代のみゆうがミドルシュートを叩き込む。その後は大きな見せ場もなく、試合終了。3対0で、相手のシュートも1本とほぼ完ぺきなゲームでありながら、満足感は全く得られなかった。もう1つの準決勝は椙山女学園高校が初のベスト4進出の安城学園高校に4対0と貫録勝ちした。点差ほど力の差はなく、1つのプレーからゲームの流れが大きく変わる、サッカーの怖さを痛感するゲームであったように思う。

 決勝は6月1日(日)12時30分から豊田市運動公園球技場で行われる。東海総体(6月21・22日愛知県)に出場できるのは1校のみ。熱い戦いになるのは間違いなし。興味のある人はぜひ観戦を!!男子のインターハイを懸けた戦いもやばい(女子高生の流行語?)。4チームによる決勝リーグ(刈谷、東海学園、中京大中京、東邦)は2試合を終え、4校とも1勝1敗で並ぶ大混戦。どのチームにも可能性が残り、5月31日(土)に豊田運動公園球技場で行われる試合に勝ったチームがインターハイの切符を手に入れる。

ページの先頭へ戻る

第60回東海高等学校総合体育大会女子サッカー競技

 6月15日(土)16日(日)に伊勢フットボールヴィレッジで第60回東海高等学校総合体育大会サッカー競技が行われた。この競技場は人工芝が4面あり、伊勢銘菓の“赤福”などの企業の多大な寄付により、今年オープンした施設である。来年度は愛知県で東海総体が実施されるため、大会準備、大会運営も見せて頂いたが、とてもスムーズな進行で多くの人の関わりを感じた。ここで試合を振り返る。

 6月15日(土)14時キックオフの冨田高校戦。試合直前に雨が降り出し暑さから多少解放されたが、ピッチコンディションは時間とともに滑りやすい状況に変わった。結果は12対0で勝利。正直得点は入っているが、外したシュートも多かったことに不満が残った。隣で行われた藤枝順心高校と三重高校の試合は2対0で藤枝順心が勝利。リーグ戦のため、得失点差も視野に入れないとならないが、初日の結果から推測すると、次戦の三重高校に引き分けでは結果的に厳しいと予想した。

 6月16日(日)10時キックオフの三重高校戦。この日は朝から快晴で気温がみるみる上昇した。お互いの思惑がぶつかり合う予想通りの好ゲームとなった。最初のビックチャンスは本校。DFラインからタイミング良く飛び出したさおりがキーパーと1対1。これはキーパーのファインセーブもあり、得点できず。続くももかのシュートはゴールインしたが、オフサイドポジションにいたともな(ボールには触らず)がオフサイドとなり無得点。数あるフリーキックも得点には至らず、押し気味のゲーム展開も結局0対0で折り返す。引き分けではなく、勝ちがほしいため後半から攻撃的な選手を投入。立ち上がり、功を奏すかと思われたチャンスがあるもボールはサイドネットへ。そんなゲーム展開の中、カウンターから10番が抜け出し、シュートを放つ。キーパーがはじくもそのボールに対しての反応が相手14番の方がやや早く、失点を許す。同じような展開からまた10番にシュートを打たれ、こぼれたボールをクリアしようとした所を身体ごと押し込まれた。ここで給水タイム。選手を入れ替え反撃を試みるもゴールを奪えない。このまま試合終了のホィッスルを聞いた。勝負を賭けた一戦に敗れた。同時進行で行われていた藤枝順心と富田の試合は22対0で順心が勝利した。このため、本校がインターハイに出場するためには順心相手に大量得点での勝利が必須となったが、過去の対戦成績からも現実は厳しい。それでも可能性がある限り、諦める訳には行かない。14時キックオフの藤枝順心戦。順心も決して手を抜かない。当然ベストメンバーで挑んでくる。前半に3失点、後半は6失点し、0対9で完敗した。三重は13対0で富田に完勝。この結果、2年連続で藤枝順心高校と三重高校がインターハイ出場を決めた。三重高校は男女そろってのインターハイ出場の快挙である。東海地区の代表としての健闘を祈る。

 本校はまもなく試験週間が始まるため、練習はあとわずか。試験後から昨年同様、精神修行のトレーニングが始まる。また、うららとゆかが昨日引退した。メンバー登録が17名で、この2人は最終的にメンバーに残れなかった。2人とも順心戦で失点を重ねても一生懸命にメガホンで応援し続けた。そう“栄光の架け橋”も歌ってくれた。そんな形での引退である。未練タラタラであるが、次に進まなくてはならない。試合後、うららとゆかは同級生や後輩たちにスピーチした。その中の「みんなならもっとやれたと思った。」のフレーズは強く心に響いた。そして、背番号と背番号12のユニホームをそっと置いた。私も今後を模索するため、ペンをそっと置く。

ページの先頭へ戻る