サッカー部顧問多田が女子サッカー部の活動を報告します。|聖カピタニオ女子高等学校|多田の高校女子サッカー奮闘記ブログ

H28 新人戦 決勝 & プリンセスリーグ

 2月11日(土) 建国記念のこの日、新人戦決勝が名古屋市港サッカー場で男女の決勝が行われた。前日から愛知県に大雪注意報が発令されており、これまた開催が危ぶまれたが、南山高校の協力もあり、予定通り試合は行われた。対戦相手は愛知啓成高校(旧稲沢女子高校)である。久しぶりの決勝での対戦。氷河期を経て、完全復活を遂げた。

 試合は前半7分に動く。右コーナーキックからの混戦を最後ははぜが押し込み、貴重な先制点をあげる。新人戦決勝限定の得点ポーズは “ジャスティス”。ベンチ前ではぜが中心となり叫んだ。ただ、前半にこのポーズを2度と見ることはなかった。啓成は球際で身体を張り、DFからの大きいフィードで押し返す。本校のゴール前での数々のチャンスは枠を捉えきれない。啓成側のスタンドからの声援?も選手たちを後押ししている。後半に入り、少し修正を加えると、ちいな(右足)、たけ(PK)、あゆ(身体ごと)のシュートが立て続けに決まり、4対0とリード。それでも啓成は諦めることなく、本校ゴールに向かい続けた。ピンチも何度かあったが、あかりひかるを中心としたDF陣が得点を許さず、また最後は2年生全員がピッチに立ち、試合終了のホィッスルを聞いた。不満だらけの内容であったが、素直に結果(12年連続14回目の新人戦優勝)を喜んだ。引き続き、高校リーグ(21チーム)の表彰も盛大に行われ、チームの大きな優勝カップ以外に、こなつが最優秀選手、たきが優秀選手、ちいなが得点王に選ばれ、それぞれが大きなメダルを受け取った。

 2月12日(日) プリンセスリーグ最終節(三重高校戦)。この時期にお互い新チームで臨む試合は1対4で、本校が敗戦した。三重高校は三重県の新人戦でも、14対1で四日市西高校に圧勝しており、三重高校強しのインパクトを我々に与えた。トレーニングマッチでも赤いジャージを着た中学生が5,6人加わり、チームに刺激を与えていた。この姿に田中先生もにんまり?!

 さあ、これからチーム作りは次の段階へと進む。どこまで成長するのか、また成長させられるのか。楽しみでもあり、苦しみでもある。

 ♫ さあ行こうぜどこまでも、走り出せ、走り出せ・・・

選抜高校女子サッカー大会「めぬまカップ」in熊谷
第23回大会参加校一覧

ページの先頭へ戻る

H28 新人戦 準決勝

 冬の雨は冷たい。文字を打つ手が自由に動かない。

 2月5日(日) に雨の中、パロマ瑞穂北陸上競技場で準決勝が行われた。対戦相手は初のベスト4入りを果たした豊川高校。全員1年生とは言え、個人戦術に長けた選手が揃う。試合は開始早々に動く。前半2分、こはるが押し込む。南山戦では得点が奪えず、シュートがヘタと私から揶揄されたが、この準決勝では貴重な先制ゴールを奪った。ただ、この1点だけで終わるのがこはるである。追加点は前半15分、新キャプテンさりーの豪快なミドル。同23分にはちいなのヘッド。同33分にもまいかのヘッドが決まり、4対0で前半を折り返す。後半2分、13分にもちいなが得点し、ハットトリックを達成。3点ともヘッド。どうやら利き足は頭のようである。試合は6対0で勝利し、決勝進出。対戦相手は安城学園高校を3対0で破った愛知啓成高校。秋の愛知県高校女子サッカー選手権の準決勝では圧勝しているが、新チームではいかに?!一方、敗れた安城学園の中野先生。少し痩せた身体は冷たい雨と決勝進出を逃した悔しさで小さく見えた。しかし、目は決して死んでいない。ポジティブシンキングの彼は今日の負けを次のステップと捉えているに違いない。(多分)

 ビックニュースをもう1つ。U-16日本女子代表候補トレーニングキャンプ西日本候補に高校チームからは唯一ちいなが選出された。もちろんチームとしては初の選出である。まだ、代表選手に決まった訳ではないが、いいチャレンジをしてどんどん成長してほしい。私もまた背負うものが増えた。また、サッカーは一人では勝てないスポーツ。なお一層、他の選手の成長を促さないとならない。

≪ローマは一日にして成らず≫

U-16日本女子代表候補トレーニングキャンプ西日本(2/17~19@J-GREEN堺) メンバー・スケジュール

 

ページの先頭へ戻る

H28 新人戦 準々決勝

 1月29日(日) 新人戦の準々決勝が小坂井高校Gで行われた。対戦相手は予選リーグ3試合を無失点ながら、2つのPK戦が勝ち点に影響し、予選2位通過の南山高校女子部。決勝トーナメント1回戦も2対0の無失点で菊里高校に勝利し、“打倒カピタニオ” の挑戦権を得る。試合開始直後から南山ゴールに迫るものの、選手たちの球際での頑張り、連動した守備、キーパーのファインセーブに阻まれ、得点が奪えない。得点が動いたのは前半26分、左サイドからのクロスのこぼれ球にもねが反応し、1対0。前半はこのまま終了。1対0の折り返しとなったが、このゲーム展開の中では、貴重な1点となった。後半に入り、メンバーを入れ替えるも南山の勢いは止まらない。特に南山のキーパーのパフォーマンスがチームに勢いをもたらす。現代のサッカーにおいてやはりキーパーの果たす役割は大きい。そんな重ぐるしい展開の中、追加点は後半30分、新しい番号(全員新番号)を背に躍動するちいなの個人技から生まれた。そして、このまま2対0で試合終了し、2月5日(日) の準決勝にコマを進めた。“打倒カピタニオ” はまたも持ち越しとなったが、気迫溢れる戦いぶりは後輩たちに引き継がれるであろう。南山は毎年、2年生の部員のほとんどがこの大会で引退する。全国的に見ても早い引退となるが、将来の進路に向けて余念がない。

 このゲームの後、中京大学に移動して中京大学とTRM。翌週に東海リーグ参入戦(VS 岐阜女子フェニックス、勝てば、ルクレMYFC対ヴィアティン三重レディースの勝者)を控えているため、急きょ本校との試合を組んだ。見覚えのある新顔もチームに加わり、こちらも翌週の試合に向けて余念がない。

ページの先頭へ戻る

H28 新人戦 予選リーグ

 1月20日(金) の夕方から東三河・知多地方に暴風警報が発令。延期も視野に入れながら早朝天気予報を確認すると、警報は解除されている。まずは一安心。よって予定通り試合は行われた。三溝先生の協力もあり、愛知学院大学グラウンドで初めて行われる予選リーグ。30年ぶりに訪れたグラウンドは、すっかり人工芝グラウンドに様変わりしていた。1試合目の市邨・春日井商業高校の合同チームとの試合は、前半7点・後半4点を奪い、11対0で勝利。合同チームでも体調不良等で人数が11人に満たず、苦しい試合になった訳だが、残りの選手たちは最後まで走り続け、戦う姿勢を見せた。第2試合の岩倉総合高校戦。岩倉総合高校も体調不良等で人数が11人に満たず、9人でのゲーム。結果は2ケタ得点での勝利となり、予選1位で決勝トーナメントに進んだ。この日、公式戦に初出場した1,2年生も多く、2年のれみは出場時間が限られる中、ハットトリックを達成した。準々決勝は1月29日(日) 小坂井高校で南山高校女子部と菊里高校との勝者と対戦する。

 1月22日(日) は長良川球技場メドウで岐阜ベルタ、名古屋FCルミナスとのTRM。天然芝での試合は収穫と課題が見られるものとなった。もちろん課題がほとんど。やはりこの時期においては、指導者にとっても忍耐力が相当必要なようだ。

 この日の午後はJFA女子委員会の東海地域訪問があり、(公財) 愛知県サッカー協会女子副委員長として会議に出席した。女子サッカー発展のためのマスタープランをJFA女子委員会委員長の今井純子氏がプレゼンした。中学生年代に落ち込む女子選手数が長年の大きな課題であることや、国体で少年女子(U-16) の部の創設を目指していることなど、“ なでしこvision ” を実現するための多くのプランを示した。男子を指導する指導者にも理解を得、日本サッカーに関する全ての人々がヴィジョンを共有し、協力しないと実現は難しいというか、どんどん遅れて行くであろう。とにかく、広い視野でサッカーファミリー拡大のため、尽力している人が多くいることを忘れてはならない。

ページの先頭へ戻る

平成28年度愛知県高等学校新人体育大会 予定変更

 寒波の影響で、予定していた1月14日(土)・15日(日) の予選リーグ12試合が1月21日(土)・22日(日) に順延した。過去の新人戦においても、もちろん雪が降ることはあったが、2日分の試合が順延することは初めてのことである。と言うことで、新チームの公式戦の初戦は1月21日に愛知学院大学で行われる。対戦相手は市邨高校・春日井商業高校の古豪同士の合同チームである。念のために書いておくが、本校を倒すために結託した訳ではない。1つの“新人戦あるある”で、チーム事情で人数が揃わないが、合同チームを組む中でお互いが刺激を受けながら自己研鑽に努め、新入生を迎える準備をしているチーム同士である。また選手同様に両チームの指導者[市邨・林先生(男)と春日井商業・林先生(女)]の熱い思いが愛知県の女子チームを支えているのである。念のために書いておくが、夫婦ではない。もう1試合は愛知県高校女子サッカーのボスこと、佐伯先生率いる岩倉総合高校。ここ2,3年は違うが、新年の最初のTRMは岩倉総合高校で行うのが定例であった。雪がよく降った思い出と雪のグラウンドに車のカギを落とすN山高校のU先生の事件が記憶に新しい。

 さて、異例のダブルヘッダーの結果はいかに。

ページの先頭へ戻る