サッカー部顧問多田が女子サッカー部の活動を報告します。|聖カピタニオ女子高等学校|多田の高校女子サッカー奮闘記ブログ

平成30年度愛知県高等学校新人体育大会 予選リーグ

 3年生が引退し、新チームの練習も不十分のまま、平成30年度愛知県高等学校新人体育大会予選リーグの第1戦が1月14日(月) に行われた。対戦相手は金城学院高校。監督の白井先生と新年の挨拶をかわした。もう1人、今年から金城学院で勤める青年が引率で付き添っていた。以前、本校で英語の教員として数年勤めていた、小多田として面倒を見てきた三小田先生のご子息である。自分の歳を感じるとともに、何か深い縁を感じる。

 試合は前半2分にえみりが口火を切り、12分にひかり、21分にえり、22分になるが得点し、後半2分になるが追加点。ひよりかえりこゆずなみくが公式戦初出場を果たすものの、得点は奪えず、5対0で新チーム初戦をものにした。

 1月19日(土) 予選リーグ第2戦は岡崎商業高校が相手。全力で戦うスタイルがすっかり定着し、最後まで決して諦めることのないチームである。本校も先週と違い、チーム練習も落ち着いてでき、コンディションもよく臨んだ1戦。前半2分にまたまた、えみりが口火を切ると、前後半合わせて、なるが7得点、えりが2得点、えみりが3得点、まこが1得点、りあるが1得点を挙げ、りこきょうかは公式戦初ゴールを挙げた。また、あんしおは得点を奪えなかったが、公式戦初出場を果たした。予選を1位で通過したため、2月2日(土) に名古屋経済大学で行われる準々決勝進出を決めた。

 休む間もなく、新たな戦いが始まっている。

ページの先頭へ戻る

第27回全日本高等学校女子サッカー選手権大会(後編)

 1月5日(土) は休養日とし試合は組まれていない。JFAの計らいもあり、13:30~15:00まで調整会場が割り振られる。同時刻に花咲徳栄(埼玉県)もトレーニングすることがわかり、監督の末先生にお願いして、本校の3年生で試合に出ていない部員とのTRMを30分だけ組んでもらった。久しぶりにボールを蹴る3年生の姿は実に楽しそうで、残りのメンバー達は大きな声でピッチに声援を送った。末先生、松本コーチ、花咲徳栄の皆さま、貴重な時間をありがとうございました。

 1月6日(日) 準々決勝の相手は創部4年目で3回目の選手権出場を果たした東海大福岡高校。磐田東高校を9対1、播磨高校を3対1で破ったチームである。立ち上がりから大きいボールの展開。中盤を飛ばして最終ラインでの勝負が続く。前半20分、えみりが冷静に流し込み、本校が先制。その後、東海大福岡の前への推進力がますます強くなり、その上、まいかが再度負傷。倒れて治療を受ければいいものの、そのままプレーを続行。ここでえりにアップを命じ、交代を考えたが、カードは切らなかった。皮肉にもその後、PKを与え、逆転を許す前半となった。後半からなあに代えてりあるを投入。中盤でのタメを作るための交代である。すると、後半の立ち上がりから押し込む展開が続く。ただ東海大福岡も守備から両サイドを使った攻撃を繰り返し、後半15分に失点。後半30分にも不運なPKを取られ、1対4。当然諦めずゴールを目指すものの、得点を奪えずタイムアップ。3年生にとって高校サッカーの終わりを告げるホィッスルが鳴り響いた。わかっていたこととは言え、やはり負けて終わると悔いが残る。目標としたベスト4には届かなかったが、チーム一丸となって最後まで戦った。部員40名がそれぞれ与えられた場所で、勝利向かってベストを尽くした。もう感謝しかない。3年間、何度もつまずき、プレーや人間関係で苦しんだ3年生。その度、仲間で声を掛け合い、乗り越えてきた。辞めたいと思ったことは数知れず。3年間サッカーを続けたことで学んだ事も数知れず。聖カピサッカー部に入って本当によかったとの言葉が何よりも嬉しかった。これからも下を向かずに、しっかり前を見据えて突き進め! そして、みんな 『幸せになってくれ!!』  by 最後のロッカールーム

 1GKゆうか 2FWしほか 3DFみすみ 4DFなかむ 5DFこはる 6DFあかり 7MFあゆ 8MFまいか 9DFりさこ 10FWちいな 11FWりんか 12MFさつき 13DFもな 15MFたけ 17GKひろな この日引退した15人の3年生のメンバー達。

 東海地区代表、愛知県代表として、選手たちは最後まで諦めず全力で戦った。中学年代に注目された選手はほとんどいない。サッカーは個人スポーツではない。全員で力を合わせて戦うことで勝ちが見えてくる。もちろん、ある程度の個人戦術は身につけないと戦えない。ただ、今回の本校の活躍が色んなチームの励みになればと思う。保護者、OG、サッカー関係者、教職員、本校生徒をはじめ、多方面からの援助、現地での応援、メッセージ等本当にありがとうございました。これからも応援の程、よろしくお願いします。

ページの先頭へ戻る

第27回全日本高等学校女子サッカー選手権大会(中編)

 1月4日(金) の2回戦の相手は岡山県作陽高校。2年前のインターハイ準々決勝では0対4で完敗を喫した相手。池田監督の熱い指導に選手たちが応える、間違いなく優勝候補の一角。U-17日本女子代表選手を含めたタレント揃いで、昨年の準優勝チームである。1回戦では前橋育英に先制され、PK戦でも追い詰められながらも勝ち上がってきた。本校とよく似た勝ち上がりである。

 ゲーム開始から積極的にチャレンジし、中盤での空中戦も負けていない。最初のチャンスは本校。裏に抜けたボールをちいながうまくミートできずに、最初のシュートは枠外に。前半25分、最初のコーナーキックは右サイドから。大きく放物線を描いたボールをちいなが得意のヘディングシュートで、ゴール隅に決める。全国大会で久しぶりの得点は貴重な先制点となった。前半34分、2本目のコーナーキックは左サイドから。これもちいながヘディングで決め、2対0。2本ともまこからの質のいいボールであった。前半36分、なあから裏に抜け出したなるが、全国初得点となる技ありのシュートを決め、まさかの3対0。途中経過を見た人は何かの間違いと思ったはず。そして何とか前半を無失点で終え、勝負の後半へ。長い40分になるから覚悟しろとピッチに送り出す。諦めるはずのない作陽の反撃が始まる。中盤が時間とともに足が止まり始める。後半16分、ペナルティエリア外からの直接FKを10番に決められ、3対1。ドタバタし始め、ポジションチェンジ、選手交代で流れを変えようと試みるも、勢いにのった作陽の攻撃を止められず、後半33分とアディショナルタイムに失点し、ついに同点に追い付かれる。さすが作陽である。6点すべてが同じサイドのゴールに吸い込まれるのも珍しいことである…。PK戦も同じサイド。結果、13本シュートが同じゴールに吸い込まれたことになる。TBSのカメラがそこにあったら、ある意味すごい。先攻は作陽。1本目にひろながスーパーセーブ。1本目のあかりもすごいプレッシャーの中、決める。2本目は相手も決め、本校は途中出場のあゆ。全国初出場でのプレッシャーの中しっかり蹴り、2対1。3本目、相手が決め、ちいなが外し、2対2。4本目、ひろなのスーパーセーブ、初キッカーひかりの落ち着いたキックで3対2でリード。止めれば勝ちの場面では惜しくも止められず。5人目のキッカーは実は迷っており、蹴る直前にひろなに変更。決めれば勝ちのおいしい場面?で、何と足を滑らせて転倒。しかし、ボールはキーパーの逆を取りゴールへ。PK戦を4対3で制した。全国大会での2勝はチーム初のことで、選手権ベスト8も初の快挙となった。このゲーム展開でもよく耐え、何とか勝ちを拾った。応援団と一緒に踊った勝利のダンスは忘れられないものとなった。勝手に名付けた『リベンジ大作戦』が成功したと同時に、作陽高校の夢を砕いた。これで、間違いなくもっと強くなっていくに違いない。2年前本校に敗れたあの大商学園高校の如く。

 2日連続でのジャイアントキリング。目標としたベスト4にあと一歩。“ 全員守備・全員攻撃 ”

ページの先頭へ戻る

第27回全日本高等学校女子サッカー選手権大会 (前編)

 選手たちの頑張りにつき、新年の挨拶が遅れました。今年もよろしくお願いします。

 第27回全日本高等学校女子サッカー選手権大会を3回に分けて振り返る。1回戦の聖和学園高校は27年連続出場、全国制覇4回の強豪校。総監督国井先生、監督曽山先生、コーチ佐々木先生とは顔見知りで、毎年夏の名古屋経済大学フェスティバルで交流を深めている。立ち上がりは本校のペースでゲームが進んだものの、中盤での当たりが強く、リズムがつかめない。聖和も徐々に落ち着きを取り戻し、ダイレクトパスを有効に使いながら、ギャップにボールを入れてくる。このまま前半終了かと思われた矢先に、ぽっかりと空いた9番にフリーでパスが通り、失点。同時に前半終了のホィッスル。痛い失点にも下に向く選手はいない。後半からまいかを投入。まいかは年末のなでしこU-18交流戦で足首を負傷。絶好調の時に不慮のアクシデント。まさに“ 好事魔多し ” 本人とっても、チームにとっても大きな痛手であったが、強行出場させた。後半に入ってもポゼッションにこだわりながら、有効なパスに何度も苦しめられ、時間が過ぎる。2枚目の交代カードは、これまた12月の中旬に足首を負傷したえり。ベストの状態にはほど遠いが流れを変えたい一心で交代。すると、後半27分、まこからのパスを受けたえみりがきれいに抜け出し、値千金の同点ゴール。難度の高いゴールにベンチも応援席も沸いた。そのままタイムアップでPK戦に突入。先攻の本校があかりまいかと決め、相手もきっちり決める。ただ、3人目のこはるはバーを直撃。その直後にひろながビッグセーブを見せ、振り出しに。4人目はちいなが決める。その後、またもやひろながビッグセーブを見せ、3-2。そして、5人目のひろながきっちり決めて、どちらに転んでもおかしくないゲームをPK戦で勝利した。リードされた展開を追いつき、PK戦でも先に失敗したものの、仲間を信じ、勝利を信じて全員で勝ち取った勝利であった。“ 信は力なり ”

 仕事に追われているため、続編は明日以降に! <m(__)m>

ページの先頭へ戻る

師走奮闘記

 “メリー・クリスマス”

 長い沈黙を破り、多田が帰ってきました。師走とはよく言ったもので、あまりの忙しさの中、ブログのプライオリティが低くなってしまって…。とにかくここ1ヶ月を端折って(はしょって) 振り返る。

 11月の終わりから2学期期末試験。からの、学校行事第一弾の奉仕活動(2日間)。からの、新人戦抽選会。からの、東海プリンセスリーグ(VS藤枝順心)2-3で逆転負け。からの、みぞれ混じりのあわらで福井高校とTRM。からの、東海・北信越Ligaファイナル。福井高校に2-0で勝利し、名古屋経済大学にはPK戦で勝利し、2年連続の優勝。からの、今年度最後の東尾張プロジェクト(小学生との交流&愛知東邦大学とのTRM)。からの、学校行事第二弾の音楽会。からの、学校行事第三弾のクリスマス会。12月22・23日にはNGUラブリッジフェスティバルに参加し、NGUラブリッジ名古屋ユースに5-0、スペランツァFC大阪高槻に4-3、INAC神戸U-14に4-1で勝利し、たまたまの優勝。こう振り返ると、ここまで我々教員同様、いやそれ以上に部員たちはハードな生活でしたねぇ…。

 とは言うものの、12月25日(火)~28日(金)まで、なでしこU-18交流試合で大阪に遠征します。いつも通り、捜さないでください。また、クリスマスから年末にかけて寒波がやってくる予報。体調管理には十分注意して、いい年をお迎えください。本校サッカー部は大阪遠征後、磐田東高校と調整試合を行い、正月返上で神戸に向かいます。最後になりますが、色々な困難に立ち向かい、決して逃げず、諦めず、最後まで努力を続ける部員たちに温かい応援よろしくお願いします。

ページの先頭へ戻る