サッカー部顧問多田が女子サッカー部の活動を報告します。|聖カピタニオ女子高等学校|多田の高校女子サッカー奮闘記ブログ

炎の3連休

 7月15・16日に平成29年度愛知県高等学校女子サッカー大会の予選リーグが灼熱の中行われた。いづれも2,3年生のみで戦い、15日は8対0で一宮商業高校に勝利。16日は時習館高校に3対0で勝利し、決勝トーナメントに進出。7月22日に豊田運動公園球技場にて9時30分キックオフで、椙山女学園高校と菊里高校の勝者と対戦する。

 7月17日はプリンセスリーグ第1節として豊田スタジアム芝生広場で豊田レディースU-18と対戦した。湿度の高い愛知特有の暑さにも攻撃の手を緩めることなく、11対0で勝利した。その後も卒業生を含む豊田レディースとTRMを行った。もう、“ はるな~、みな~、まゆか~” と怒鳴ることは決してない。

 今から東尾張プロジェクトを行うために、有志を連れて愛知東邦大学に向かう。寸暇を惜しんでのブログ更新、この辺で失礼。最後に3日間の公式戦での得点者を列記しておく。もね・まいか・あかり・うた・りさこ・はぜ・えみり・まこ・なる・ひかる・こはる・れみ・U-16日本女子代表ちいな(カナダ戦)。

ページの先頭へ戻る

名古屋経済大学フェスティバル

 7月8・9日に第5回名古屋経済大学フェスティバルが行われた。Aグループは大商学園・松商学園・本校の3チーム。Bグループは聖和学園・東海大翔洋・三重の3チーム。その他に安城学園・帝京大可児・至学館・U-18トレセン・梅垣。もちろん卒業生が複数お世話になっている名経大と市邨林。愛知県独特の蒸し暑さの中、2日間充実した戦いが繰り広げられた。注目の聖カピタニオVS大商学園のインターハイ前哨戦は…?!。

 北の重鎮国井先生と西の重鎮竹内先生が愛知県で再会。お二人の元気な姿に我々も元気をいただいた。また、国井先生の名言集に新たなものが加わった。あの竹内先生を称して “ 頭は白アリ・顔は黒アリ・心はヒアリ ”

 最後に、こんな機会を作っていただいた三壁さんありがとうございました。“ 頭は黒壁・顔も黒壁・腹も黒壁?”  最後にディスってすいません(__) これからもよろしくお願いします。

ページの先頭へ戻る

インターハイ&第41回愛知県女子サッカー選手権組合せ

 7月1日(土) 17時30分過ぎにインターハイの組み合わせは発表された。(別掲) 対戦相手は関西第2代表の大商学園高校(大阪)。全国大会での対戦は2回目である。岡久監督・竹内先生よろしくお願いします。あっ、7月8・9日も…。

 7月2日(日) 18時から第41回愛知県女子サッカー選手権大会(皇后杯愛知県予選)の組み合わせ抽選会が名古屋学院大学クラインホールで行われた。本校は昨年度の優勝で第1シードとなり、9月9日(土) 10時キックオフ(口論義運動公園)が初戦となる。手書きでわかりにくいが、別掲する。

 この日の21時30分過ぎ、藤井聡太君のデビュー以来の連勝記録が途絶えた。悔しさは画面を通じてもわかるが、これで少しは気が楽になったであろう。どんな世界でも負けて強くなっていくのが常。末恐ろしい中学生であることには変わりない。

 では、瀬戸市にある本校も盛り上がりに一役買いますか…?!

160159

157158S__7569441

ページの先頭へ戻る

平成29年度愛知県高等学校女子サッカー大会

 6月30日(金) に平成29年度愛知県高等学校女子サッカー大会(新規)の抽選会が市邨高校で行われた。市邨高校の単独参加を含め、21チームで秋の高校選手権のシードを決める夏の暑い、熱い戦いが始まる。(日程等は別掲)

 その夜、サッカー部顧問の有志が集い、粛々と本校のインターハイ出場を祝ってくれた。(と言うか、単に自分たちが盛り上がりたいだけ…?!)話題は愛知県高校女子サッカーの現状と今後についてにもおよび、お互いに刺激を受けた。打倒カピタニオに向けての包囲網を感じずにはいられない。

 この日、JFAからU-16日本女子代表の中国遠征(7/8~17@維坊)のメンバーが発表された。その中に本校のちいなも選出されている。伸びしろのある、荒削りなストライカー。進化を遂げて、代表でもチームでも活躍してほしい。ちいなに関わった選手・指導者のためにも、また、自分の夢を実現するためにも…。

 7月1日(土) の今日、2017年インターハイ高校サッカーの組み合わせが決定する。各地域予選を勝ち抜いた16チーム。言わずもがな名の知れた強豪ばかり。どこと対戦しても苦戦は免れない。7月30日(日) に松島町文化観光交流館で開会式。31日(月) が1回戦となる。昨年は広島カープが首位独走中の広島でインターハイが行われ、今年は楽天イーグルスが首位を走る宮城でインターハイが行われる。来年は東海(女子サッカーは静岡)でインターハイが行われる。と言うことは来年は中日ドラゴンズが首位?!どうでもいいですね。

対戦相手確定までは少々お待ちを~~!

平成29年度愛知県高等学校女子サッカー大会組合せのPDFはこちら


H29 愛知県高等学校女子サッカー大会要項-2-1H29 愛知県高等学校女子サッカー大会要項-2-2

H29 愛知県高等学校女子サッカー大会要項-2-3

ページの先頭へ戻る

2017東海総体

 ただ今、三重から帰着。体力に自信があるはずの私ももうヘロヘロ。それでもパソコンに向かう自分にリスペクト。書くことは山ほどありますが、簡単に報告!!

 6月17日(土)12時から監督会議が行われる。当然登録選手の変更もここまで。この10分前にキャプテンさりーを怪我のため、登録から外すことを決断する。1年生からレギュラーをはり続けてきて、キャプテンとして最後のインターハイ出場の切符を掴むためにトレーニングしてきたが、無念の抹消。部員にもそのことを伝えると、明らかに動揺が見られる。そんな精神状態の中、あの藤枝順心高校との対戦である。前半8分に失点すると、もろくも崩れ去った。前半に4点、後半に3点奪われ、0対7の大敗。シュート9本で7点奪われ、精神的なダメージの大きい1日目であった。

 6月18日(日)10時キックオフで三重高校戦。前日の負けを引きずるかのように前半3分に失点。ところが、前日と違ったのはここからである。選手同士で声を掛け合い、お互いを鼓舞する。すると、前半25分に右からのクロスをちいなが同点ゴール。否が応にも盛り上がる。その直後にハンドによるPKを獲得。キッカーにちいなを指名。狙い澄ましたシュートは枠外へ。そして1対1のまま、前半終了。重要なPKを外しても笑顔でベンチに戻り、笑顔で談笑するあたりは並みの選手とは違う。後半に入ると、そのちいなが爆発し、足や頭で4得点。ちいなが全得点を挙げる活躍で、結局5対2で逆転勝利。PKも頭でやっていたら、入っていたのかも…。

 第3試合は帝京可児高校。すでに2敗していたものの、一矢報いようと全力で立ち向かってくる。いくつかのシュートチャンスは枠を捉えきれない。そして、0対0で前半終了。得点が動いたのは後半15分過ぎ、交代出場のはぜのクロスのこぼれ球をえみりが押し込んで1対0。えみりの公式戦初得点がこのゲーム唯一のゴールとなった。この結果、3年連続3回目のインターハイ出場を決めた。例年苦しむが今年は別の意味で大いに苦しんだ。

多くの応援、声援が力になり、この結果につながったのは間違いない。本当にありがとうございました。

ページの先頭へ戻る