|聖カピタニオ女子高等学校|生徒会ブログ

第54代生徒会の任期を終えて

私たち第54代生徒会は、このたび1年の任期を終えることとなりました。

みなさんは私が1年前のブログで、「今あるものを見つめ直し、改善して新たなものに作り変える」と宣言したのを覚えているでしょうか。私は今、それを達成できたと自信をもって言うことができます。

 

今年度、私たちが行ってきた活動を振り返り、その一部を紹介します。

 

まず、毎年2月に全校生徒に配っていた「ANGELI」という生徒会誌についてです。これは、一年の振り返りと3年生への卒業祝いの内容が混在しているという問題点をあげました。そして話し合いを重ねた結果、「ANGELI」を3年生の卒業祝いの品と位置づけ、配るのも3年生だけにすることにしました。それに伴い内容も変更をし、例年よりも進化した「ANGELI」を作り上げました。

3年生の思い出に残るものができあがったと感じています。

 

 

そして、大きな改革をしたのが学園祭です。

以前、学園祭のブログにも書きましたが、近年の学園祭での表現方法が偏っているという問題点を上げ、クラス展示では「ものづくり」を、ファッションショーでは「演出」をそれぞれ各クラスにお願いしました。その他にも、夏休み前と夏休み中の学園祭準備の時間が十分に取れていないという問題に対して、「ウマニタスの授業内で話し合いのしかたを学習する」、「例年行っていた学園祭用のクラス配置をなくし、普段使っている教室で展示を行ってもらう」という2つの方法を採用しました。また、姉妹クラスの活用方法として、生徒会企画のアクション・ペインティングを姉妹クラスごとに行うことにしました。これらの改善を通して、例年よりクオリティが上がったのではないかと感じています。

 

 

このような活動ができたのも、まずは第54代生徒会のメンバー、顧問の先生方のおかげです。

第54代生徒会のメンバーはそれぞれに得意とする仕事分野があり、私も信頼して仕事を振り分けることができました。上記の改善は、第54代生徒会のメンバーが彼女たちだったからこそ成しえたことです。私はこの6人のメンバーと顧問の先生方とで活動ができたことを誇りに思います。

生徒会という貴重な経験をさせていただき、こんなにも素敵な仲間に出会える場を与えてくださったことに感謝しています。

 

また、こうして1年間無事に生徒会活動を全うできたのは、いつもご支援してくださる多くの方々のおかげでもあります。全ての方に感謝いたします。本当にありがとうございました。

 

 

そして、この記事をもちまして第54代生徒会によるブログは終了し、これからは第55代生徒会がブログを担当いたします。

きっと、皆様に魅力溢れる学校の様子をお届けしてくれることでしょう。

これからも聖カピタニオ女子高等学校生徒会へのご協力をよろしくお願いいたします。

1年間ありがとうございました!

 

第54代生徒会長 小中 萌愛

Thank you.

感謝

ページの先頭へ戻る

平成29年度体育祭を終えて

美顔

美顔

学園祭に続き、9月の大きな行事である体育祭が、29日に行われました。

雨で開催が危ぶまれましたが、当日は見事に晴れて体育祭日和となりました。

 

 

どの競技でも全校生徒の皆さんが、思いっきり楽しみながら参加していたのが印象的でした。クラスで重ねた練習の成果を発揮し、大盛り上がりでした。各クラスの絆も深まったのではないでしょうか。

つなひき

つなひき

他にも、姉妹クラスと共に挑んだ「ムカデリレー」では無邪気な笑顔が溢れ、学年対抗の競技では競技の参加者も応援者もクラスの壁を越えて力を合わせ、学年が一つにまとまっていました。また、点数に加わらないお楽しみ競技である「リレーアラカルト」では誰もがはしゃぎ、笑い声が響き渡りました。

 

 

 

 

 

そして最後に行われたのは、3年生による学年演技「プロムナード」です。

50年以上の歴史があるこのプロムナードには、「それぞれ進路は違うけれど、前を向いて一歩一歩進んでいこう」という意味が込められています。

短い期間の中練習を重ね、本番では堂々と歩くことができたと思います。

プロムナード

プロムナード

 

 

 

 

 

そして、気になる体育祭の結果は………

 

 

  総合成績     1位 3年D組     2位 2年C組     3位 3年C組

優勝した3年D組の皆さんは、なんと体育祭三連覇です。おめでとうございます!!

1位3D

1位3D

2位2C

2位2C

3位3C

3位3C

ページの先頭へ戻る

2017年度学園祭その5「ファッションショー」

3年A組の様子

3年A組の様子

二日目の午後からは学園祭のフィナーレであるファッションショーが行われました。ファッションショーは各クラスのクラステーマと連動しています。また、こちらも学園祭の目標を達成するために「演出」にこだわってほしいとお願いしました。

すると、どのクラスも例年には見られなかった斬新な演出をしてくれました。J.K.ローリングを取り上げたクラスは会場の人を巻き込んで一緒に呪文を唱える演出をしました。またでんじろう先生を取り上げたクラスは、ドライアイスにバラをつけると色が変わるという実験を演出の一つとして取り入れていました。

3年D組の様子

3年D組の様子

そして演出だけでなく衣装も例年はドレスが多かったのですが、今年はドレスにこだわらずクラステーマにあった衣装をどのクラスも作っていました。かなりレベルの高いファッションショーであったと思います。

ページの先頭へ戻る

2017年度学園祭その5「結果とまとめ」

3年生モデルのみなさん

3年生モデルのみなさん

最後に学園祭の結果をご報告します。

クラス企画

1位:3C

2位:2E

3位:3D

審査員特別賞 演劇部

2年生モデルの皆さん

2年生モデルの皆さん

ファッションショー

1位:3D

2位:2E

3位:3A

審査員特別賞:2C

 

1年生モデルの皆さん

1年生モデルの皆さん

生徒会特別賞

マンガ・アニメ同好会

2D

 

今年の学園祭は学園祭テーマの他に「ものづくり」や「演出」など考えなければならない重要な点が多くありました。難しかったとは思いますが、どのクラスも見事に「ものづくり」「演出」を行ってくれたので、例年よりもさらにクオリティの高い学園祭になりました。今年の学園祭の目標である「クオリティと表現方法の向上」が達成できたと強く思います。

この学園祭を開催するにあたりご支援してくださった全ての方に感謝いたします。本当にありがとうございました。

第54代 生徒会長 小中萌愛

ページの先頭へ戻る

2017年度学園祭その4「一般公開」

2年E組の様子

2年E組の様子

一般公開日である学園祭二日目では、各クラスや部・同好会の皆さんがそれぞれ展示を行いました。各クラスではクラステーマとして「ある分野や物を変えた人物」を取り上げました。あるクラスは歌舞伎をつくった出雲阿国を取り上げ、またあるクラスは女性の服装を変えたココ・シャネルを取り上げていました。

また、学園祭の目標を達成するために生徒会が掲げた「ものづくり」を各クラスにお願いしました。模造紙に調べた内容を書いて貼るのではなく、立体的な“物”を作ってほしいと考えたからです。

3年D組の様子

3年D組の様子

学園祭当日、初めての試みだったので不安もありましたがどのクラスもしっかり「ものづくり」をしてくれていました。宮崎駿を取り上げたクラスはトトロのオブジェをつくり、トーマス・エジソンを取り上げたクラスは映写機をつくり自作の動画を流していました。どのクラスも大盛況で、足を運んでくださった方々にも楽しんでいただけたのではないでしょうか。

ページの先頭へ戻る

2017年度学園祭その3「部や有志による舞台発表」

学園祭一日目

コーロ・アンジェリコ(合唱部)

コーロ・アンジェリコ(合唱部)

午後からは、部・同好会、有志の皆さんによる舞台発表です。

部・同好会の皆さんの発表では、シンフォニア同好会の演奏、コーロ・アンジェリコの合唱、軽音楽部のライブ、ダンス部のパフォーマンスが行われました。

また有志の皆さんによる発表は、例年はダンスを披露してくれる有志の団体が多かったのですが、今年はダンスに加えバンドや弾き語りをする団体もありました。

有志の演奏

有志の演奏

全校生徒の皆さんも声を出し、手拍子をし、大いに盛り上がりました。

ページの先頭へ戻る

2017年度学年祭その2「生徒会企画のアクションペインティング」

学園祭一日目、まずは午前中に生徒会企画が行われました。

広島大学大学院の大島徹也先生

広島大学大学院の大島徹也先生

今年の生徒会企画では、学園祭の目標のもと、「既存の枠にとらわれない表現方法を獲得してほしい」という思いから「アクション・ペインティング」を取り上げました。アクション・ペインティングとは、床に大きな紙を敷き、体を動かしながら絵具を垂らしたり飛び散らせたりしてキャンバスを描いていく方法のことで、代表的な画家にアメリカのジャクソン・ポロックがいます。

まずは、講師として広島大学大学院より大島徹也先生にお越しいただき、「抽象絵画」「アクション・ペインティング」「ジャクソン・ポロック」の3点について講演をしていただきました。高校生の私たちにも分かるように、丁寧にお話をしてくださり、抽象絵画やアクション・ペインティングへの理解を深めることができました。

アクションペインティング

アクションペインティング

講演のあとは実際に全校生徒でアクション・ペインティングを行いました。事前に自分が筆として使いたい物を持ってきてほしいとお願いをしていたので、絵の具の筆以外にもタオルやスポンジなど思い思いの筆でキャンパスを描いていたのが印象的でした。全校生徒の皆さんが笑顔で思い切りよく取り組んでいたので、この企画の思いは皆さんに届いたと感じました。

ページの先頭へ戻る

2017年度学園祭その1

準備の様子

準備の様子

9月9日、10日。

毎年この時期は台風の影響で天気が崩れる傾向にありますが、幸運なことに晴天に恵まれ、学園祭を開催することができました。

今年の学園祭のテーマは

「Once upon a time ~私たちの世界を変えた人~」

このテーマには「当たり前にある物・事や当たり前をつくった人に感謝しよう」という思いが込められています。

準備の様子

準備の様子

また生徒会ではミーティングの中で、「近年の学園祭の表現方法が偏っている」という問題点を上げました。クラス展示では模造紙に調べた内容を書いて壁にはるだけ、ファッションショーでは見栄えのする豪華なドレスばかり、という状況がここ数年続いていたからです。

そこで生徒会では「クオリティと表現方法の向上」を今年の学園祭の目標に掲げました。

 

明日以降、順次、学園祭の振り返りを更新していきます。

ページの先頭へ戻る

生徒会新聞第7号~学園祭に向けて生徒総会が行われました~

 7月13日、夏晴れの暑い中、生徒総会が開かれました。各クラスの代表生徒が2分以内という短い時間の中、クラス企画のプレゼンテーションを行いました。

今年の学園祭テーマである「Once upon a Time~私たちの世界を変えた人~」に沿ったユニークかつ斬新なクラス企画が多く、発表を聞いてお互いの刺激にもなったのではないでしょうか。また、発表者以外の生徒の皆さんも真剣に耳を傾け、学園祭に対するやる気が伝わってきました。

 いよいよ夏休みに突入し、学園祭の準備も着々と進んでいます。各クラスのクラス企画やファッションショーに期待しています。生徒会執行部も他のクラスに負けないように展示物を作っています!

 第54代生徒会書記 各務 朱音

ページの先頭へ戻る

生徒会新聞第6号~より賑やかに!より強く!運動部特集~

生徒会新聞第6号が出来上がりました。

今回は、運動部特集として、バレーボール部と剣道部をピックアップしました。

是非、ご覧ください。

生徒会新聞第6号

生徒会新聞第6号

ページの先頭へ戻る