junko|聖カピタニオ女子高等学校|豊かな人間性を持つために

「junko」 が執筆した記事

人生の舵を切るきっかけ

MicrosoftTeams-image (45)1年生女性学の授業で、外部講師の先生方のお話を聞く機会がありました。

1回目は、等身大株式会社エンターテイナー・講演家VITA(ヴィータ)さんから、

 

 

 

「今ある自分を最大限に活かして目の前の人を幸せにする力 等身大力」

のテーマでお話をしていただきました。

 

まず、VITAさんは元吉本に所属しておられた方なので、生徒たちを惹きつける話術のすばらしさに感動しました。

コミュニケーションは聴く力が大事であることを、聴き上手体操でしっかり脳に焼き付けました。

生徒たちはコミュニケーション能力で大切なことは話すことだと思っていただけに、VITAさんのお話からは、私たちの考え方を180度変えてもらいました。

また、私たちの存在は

2億円以上のダイアモンドよりも価値があり、唯一無二の存在

MicrosoftTeams-image_(47)[1]だからこそ、人と比較せずあるがままの自分を受け止めることができる体操も教えてもらいました。

このお話は、生徒たちの心に浸みこんでいった感じがしました。

生徒の感想に、まず、今の自分を受け止めてあげることの大切さに気づき、自分の成長を自分で認め自分をほめてあげることを具体的に教えてもらえたことを喜んでいました。

 

 

 

本校の教育方針「自分を大切にする」ことを日常生活の中で聞いていた生徒達ですが、今回全力投球で等身大のVITAさんとの出会いによって、そのことの意味をより深く理解できたと思います。

できる」「できない」で自分や人を評価する生き方から、唯一無二の存在である自分をまず認める生き方へと彼女たちの人生の舵を切るきっかけになったと思います。

MicrosoftTeams-image (37)

ページの先頭へ戻る

境界線を持つこと!

MicrosoftTeams-image (40)第2回目の外部講師の方は、「愛知県弁護士会両性に関する平等委員会」の弁護士都築さやかさんです。

お仕事の専門性を生かして「尊重し合う恋愛関係」のテーマで話をしていただきました。

 

 

都築さんがこのような「デートDV防止出張授業」をするきっかけになったのは、弁護士の仕事をして女性・差別・結婚にまつわる女性の苦しみをたくさん見てきて、若い人たちにDVの沼にハマって欲しくない、社会を変えて欲しいという思いからだと話してくださいました。

 

お互いに尊重し合う関係を作るために、まず「人権」の意味を教えてくださいました。

 

「人権とは、一人ひとり、生まれながらにして大切な存在であり、すべての人には,等しく価値があるということ」。

だから、お互いに尊重し合う関係は、「お互いに大切で同じ価値のある存在として接しあう関係」だと話してくださいました。

 

お互いに尊重する恋愛をするために学ぶ3つの事として具体的に、1つ目は境界線、2つ目は人との距離感、3つ目はお互いを大切にする「恋愛ルール」と話してくださいました。

生徒たちの感想を読むと、1番の境界線のお話が印象に残ったようです。

境界線とは、自分と他人を分ける見えない線です。自分を確立できていないと自分を守る線が出来上がりません。

境界線があることによって他者と安心できる距離を取り、自分を守ることになります。ところが、この境界線がない状態で他者と関わると尊重し合う関係は作ることができません。

また、暴力は相手の境界線を壊すことになり、支配する関係になります。

 

生徒たちは前回のVITAさんのお話や弁護士の都築さんのお話から、この3年間で自分をしっかり確立することの大切さに気づいたと思います。

つまり自分がなければ他者との良い関係が築かれないことを理解したと思います。

男女間の関係だけでなく、すべての人間関係に当てはまる事なので、生徒たちの印象も大きかったのではないでしょうか。

 

MicrosoftTeams-image (36)まず、自分を好きになり、自分を大切にすることを学ぶことが、人間関係を作る上での土台になることを学んだ1年生は、2年後にどのように成長していくのか楽しみになりました。

ページの先頭へ戻る

暗闇に輝く光

PC231524-min[1]今年もコロナ8波の影響を受けてのクリスマス会。

参加した生徒、教職員で1年間にいただいた恵みに感謝し、一日も早く世界に平和が訪れるように祈りを捧げました。

 

 

今年のクリスマスミサの司式をしてくださった神父様は、南山大学のスサイ神父様です。神父様はミサの中で次のようにお話をしてくださいました。

PC231447-min[1]

「・・・現代社会のいろいろなニュースを見ると戦争や紛争、自然による災害、コロナ禍における様々な問題といった暗いニュースが多いです。このような暗闇の中でキリストの誕生のメッセージは『私たち一人ひとりがこの世界の希望の光』になることです。2000年前にイエス様が誕生なさったユダヤ社会にもいろいろ問題があって、絶望的でした。イエス様の生涯を振り返ってみると、イエス様がすべての人々、特に弱い立場にいた人々に、希望と喜びを与えてくださいました。それで2000年たった今もイエス・キリストの誕生日が希望と喜びを全世界に与えるお祝いとなっています。」

 

神父様は続けて、私たち高校生はこの世界、社会にどんな役割があるのかを考えるために、大阪の高校生、川崎レナさん(17歳)とマララ・ユスフザイさんのお話をしてくださいました。

PC231404-min

「私たちは二人のように偉大なことができなくても、私たちの周りにいる人々に希望と喜びを与える、小さなことでもできたらと思います。ある専業主婦の方に、マザーテレサは『私たちは大きなことはできませんが、小さなことを大きな愛を持って行うだけです』と語りました。小さなことを大きな愛をもって行うことによって周りの人々に希望と喜びという素晴らしいクリスマスプレゼントを与えることができると思います。」

 

宗教に関係なく、全世界でクリスマスがお祝いされていることに、私は喜びを感じています。この日に、自分の身近にいる人のために、その人が喜ぶプレゼントをあれこれと考える姿。そのプレゼントがその人を大切にしているしるしになるから、プレゼント選びもいろいろ悩みますよね。

 

神様も私たち人類に、最高の贈り物「神の御独り子、イエス」を与えてくださいました。この世の暗闇に私たちが人生の道を踏み外さないようにと、イエスが光となって来てくださいました。この光によってたくさんの人たちの心に神の愛が注がれ、自分の幸せを身近な人たちに与えながら光が大きくなるクリスマスとなりますように!

 

PC231412-min[1]特に、大人の人たちが争い合っている戦争下の中に置かれている子どもたちに、一時のよろこびがもたらされ笑顔を取り戻すことができるクリスマスになるように心を合わせて祈りましょう。

私たちが平和をもたらすことができますように!

 

 

ページの先頭へ戻る

よ ろ こ び

DSC_1529本校恒例の奉仕活動は、今年もコロナの影響で12月8日(木)1日のみの実施になりました。

この時期に行う奉仕活動は、待降節の期間に行われます。

待降節とは、イエス・キリストの誕生を祝うために心の準備をする4週間のことを言います。

 

聖書に「神はその独り子をお与えになったほどに、世を愛された。」(ヨハネ福音書3章16a節)と書かれています。

私たちは身近な人から理解されない時に孤独を感じます。

その孤独と向き合うことが怖くて、他のものに依存し孤独な自分を忘れようとする傾向があります。

そんな人間だからこそ、神はご自分の子を人間の世界に遣わし、孤独で苦しむ私たち一人ひとりに寄り添い希望を与えてくださいます。

ですから、クリスマスは「私は神から愛されている存在」である自分に気づく日ですね。

クリスマスの意味を心に留めながら奉仕活動を通して目には見えない人々のことを考え、その人たちに喜びが与えられるように、活動を行いました。

 

生徒の感想を抜粋します。

 

DSC_1434*誰かのためにクリスマスカードを作ったのは、今回が初めてでした。この活動を通して気づいたのは、この「誰かを想う心」です。ただクリスマスカードを作るのではなく、相手がどんな顔をして受け取ってくれるのかな?気に入ってくれるといいな。クラスのみんなで見せ合いっこするのかな。など想像すればするほどカードを作ることが楽しくなり、嬉しくなりました。

 

DSC_1540 (1)-min*普段何気なく「きれい」と思って通り過ぎていた花壇にも、大変な労力がかけられていることを自分が体験して実感しました。これは花壇だけでではなく、私たちが無意識のうちに見ている世界について言えることだと考えました。目に見えるものの背後に見えない努力があり、そのお陰で目に見える世界から私たちは元気をもらったり、温かくなるのだと気づきました。このことから、自分が何かをする時には、今回の花壇のように私と直接出会わない人たちのことも考えて心を込めて行うことが大事なことであることに気づかされました。

 

DSC_1484*今回のキーワードが「よろこび」ということなので、活動を通して得たよろこびを考えてみました。1つ目は、誰かに奉仕をさせていただけるというよろこびです。私は誰かにしてもらって嬉しいという受動的なよろこびしか感じなかったのですが、奉仕をしたことで、誰かのために、困っている人のために役立つという能動的なよろこびを感じることができました。2つ目のよろこびは、グループで作業したことで仲間と助け合えるよろこびです。助け合うというのは、決して一人ではできないことです。たくさんの仲間がいるということを改めて実感しました。

 

画像 -20221208-021338-1ef120e5 (1)-min*今回初めて校外の奉仕活動である募金活動を行い、様々な気づきを得ることができました。実際にやってみると思ったより大変で驚きました。チラシを配布している時は、なかなか受け取ってもらえなかったり、顔を下げて歩いて行かれてしまったりと、募金活動をする側にならないとわからない辛さを感じました。そのような中で、立ち寄って募金をしてくださる人の有難さ、チラシを受け取ってくださるだけでもうれしい気持ちになりました。中には、「寒い中ご苦労様」「頑張ってね」など一言かけてくださる人達もいて、とても心温かくなりました。私たちが行った募金活動が間接的に子ども食堂や貧困でご飯が食べられない子ども達の手助けをすることができ、本当に良かったです。(CBC募金)

 

戦争、災害、差別、失業、病気、家庭不和や人間関係による様々な問題で、多くの人々が苦しんでいます。これらの人々に愛と平和をお与えください。また、救い主キリストの誕生を待つ私たちに、特に待降節の間、身近な人々、遠い国々の人々のために、今、何をなすべきか教えてください。

と毎朝唱えている待降節の一節ですが、この祈りを全校生徒で実行できた大切な一日でした。

相手のよろこびが自分のよろこびになり、このよろこびこそ神様が私たちに与えたい永遠のよろこびで、このよろこびに世界中の人たちが満たされるようにと願いながらクリスマスをお迎えしましょう。

 

街頭募金でウクライナの子どもたちの義援金は、185,876円(カリタスジャパン)、CBCチャリティ募金は、109,607円でした。この場をお借りして、皆様に感謝申し上げます。

 

 

 

 

 

 

ページの先頭へ戻る

3年生最後の学び

MicrosoftTeams-image (34)本校では、3年間産婦人科の先生に来ていただき、医療現場からの声を生徒たちに届けてもらっています。

コロナ禍の中でできない時もありましたが、3年生にとって最後の学びの場になりました。

 

 

講師の先生は「ココカラウィメンズクリニック」の伊藤加奈子先生です。

先生はこれから社会に出て行くことを意識して、

「生の性ライフスキル講座を始めます。思春期の皆さんに伝えたい性に関わる大切なことを話します。」

と将来に向けて覚えておいて欲しいことを母親のように話してくださいました。

その講演を聞いての生徒たちの感想を抜粋して紹介します。

 

*これから大学生になり、自分の行動に責任が生じる場面が多くなっていく中で必要なことを知ることができた。キャリア形成と結婚、出産とのバランスを考える上でパートナーとの相談を大切にしようと思う。社会人になってからは、仕事のやりがいを重視して生活していきたいと考えていたが、自分の想像以上に出産、育児のタイムリミットが短いことに驚いた。

 

*女性である私が一番女性について知っていなければならないはずなのに、生理や子宮の病気などは日常知る機会がなかったので、とても勉強になりました。伊藤先生が高校生にわかりやすく、そして必要な内容をポイントで教えてくださったので素直に受け止めることができました。

 

*特に、日本は世界的に自殺者が多くて、自殺大国だなんて、政府は労働環境と教育方針を改善しないのかと常々思っている。性についての問題はどの国もあるけど、日本の子供はまず先に寂しいとか苦しさが先に来ているのだと思う。心の貧しさがその人の本質を塗りつぶして、最近は悪口の事件も増えてきた気がする。

 

*自分のなかで性に対する認識が大きく変わったのを今日の講義で実感しました。最初はただ漠然と「怖い」という印象が強かったのですが、今では良いコミュニケーションだと思えるようになりました。しかし、性の問題は大きな責任が伴うことも同時に理解しました。

 

*今回の講演会が性教育の最後だと思うと、社会に出た時に何も知らずに結局自分を守れず社会の闇に巻き込まれてしまうと焦った。だから社会に出る前にもっと多くのことを知る必要があると思った。自分自身を守るためには自分一人ではなく周りの環境を頼る必要があると思った。

 

 

生徒たちが親から教えられていたことを医学的な立場から話してくださり、生徒たちにとってはその中に間違った情報もあったことが分かり、正しい知識を得ることの大切さにやっと気づいたようです。

そして3年生だからこそ、将来のライフプランを現実味をもって具体的に考えることもできた感じがしました。

ニュースの中で、中学・高校生のたまり場に出かけて行っておられる婦人科のドクターが、彼女たちの性の知識の乏しさに驚いておられたことを思い出しました。

先生は正しい知識があれば違う生き方を選択できたはずなのに・・・ということなのでしょうか。

本校の教育が、人間らしく生きるために正しい知識をいろいろな角度から与えていたことに、生徒たちがようやく気付き始めてきたような気がします。

MicrosoftTeams-image (32)その様子を見ていると、社会に出て自分を大切にして生きていく彼女たちの姿が想像され、生きていく力の種を蒔き終わった感じがします。

後は、神様と本人にお任せします(笑)。

 

 

 

40年前から続く「女性学」の授業(ヤフーニュース)

ページの先頭へ戻る