2022年1月|聖カピタニオ女子高等学校|豊かな人間性を持つために

「2022年01月」の記事

そこに希望がある

2022年、明けましておめでとうございます。本年も本校の教育活動を皆様に配信していきたいと思っておりますので、よろしくお願いいたします。

p_1087

昨年の12月行事の様子は、私の都合により配信できなくて申し訳ございませんでした。

 

PC100022[1]恒例の奉仕活動は、今年度もコロナの関係で1日学校内での活動が行われました。活動内容も3年生にアンケートを取り、以前のように縦割りの活動を行うことができました。

 

 

PC100140[1]この学び舎で3年間学ぶ機会を与えられた仲間との友情を育てるためにも、いい企画だったようです。来年度こそ、地域の施設に出かけての奉仕活動ができれば願っています。

 

 

 

クリスマス会は昨年同様、生徒たちの合唱はなく、代表生徒による演奏が行われました。

クリスマス」の言葉の意味は、「キリストの誕生を祝うミサ」ということを知った1年生にとって、これまでと違ったクリスマスを迎えられたと思います。

DSC_5354[1]

クリスマス」は宗教に関係なく、今や全世界でお祝いされている行事です。

テレビを見ていると

「誰に何をプレゼントしますか?」

「何をプレゼントされたら嬉しいですか?」

と街頭でのインタビューの様子が流れていました。

1年に1回(誕生日のプレゼントを除いて)、それも全世界で多くの人たちが大切な人の喜ぶ顔を思い浮かべながらプレゼントを選ぶ日がある事こそ、私は神様からの贈り物だと思います。

 

画像_-20211222-050334-8f746be4[1]

幼子イエスの誕生は、私たち一人ひとりに対する神様からの贈り物です。

それは、私たちの人生に寄り添って歩みたいという神様の思いが目に見える形で、具体的に示されました。

神である父の独り子イエスを私たちにお与えくださった、その意味は、私たち一人ひとりに神様が「あなたは私の愛する子」というメッセージを伝えるためです。

 

だから、神様が私たちに示してくださったように、私たちは大切な人に自分の心の思いを目に見えるプレゼントとして贈ります。

 

この新しい年も、コロナ感染者急増のニュースから始まりました。

人間関係が希薄になりつつある今だからこそ、クリスマスのメッセージを思い出し、お互いに対する思いやりの心をもって1年を過ごしていきましょう!

1000088588_1000004711_1487411568

 

 

ページの先頭へ戻る