|聖カピタニオ女子高等学校|豊かな人間性を持つために

素直な心

MicrosoftTeams-image (8)3年ぶりに宿泊の伴う修養会を、実施することができました。

 

コロナ禍の中では、学校で1日ないし2日で行っていましたが、やはり学校を出て他の施設で行う修養会は違いますね。

例年は2泊3日で行いますが、今年は1泊2日で過ごし、まさしく非日常生活を過ごす経験ができました。

 

止揚学園の福井先生から、知能に重い障害を持った人たちと過ごし、いろいろ学ばせてもらっていることを熱く語っていただきました。

また、片岡神父様から「善いサマリア人のたとえ話」から人間としての生き方を考えさせていただきました。

 

良いお話で心が豊かになり、つま恋の食事でお腹が満たされた修養会の様子を、生徒の感想文を抜粋して紹介します。

MicrosoftTeams-image (11)

 

*障害者施設の方々がわざわざ私たちのために遠方から来てくださり、講演をしてくださいました。

差別に対して敏感な方であったけれど、止揚学園の方は私と違う考えを持っていたので、他の人に耳を傾けてみると違う視点から見たり、違う意見を知ることができるから、このように学ぶのは本当に良い事なんだなと思いました。

 

 

*今まで体験したことのない様々な非日常を経験して、自分の知識や価値観などが広まり、また、たくさんのお話を聞いて「カピタニオ生」でなかったら絶対に気づけなかった「温かい命」「隣人」「愛」などについて知り、考え、これからの3年間だけでなく、その先の将来まで続いていくようなことを身に付けることができました。

そして、自分の経験が糧となったことを土台として、いろいろな行いをしていき「一粒の麦」となれるように、日々歩んでいきたいと思える修養会になれました。

 

 

*「善いサマリア人のたとえ話」を2度読んだが、主に生まれた感情は「放っておくなんてひどい」だった。神父さんの話を聞いていて、この話の深さが少しずつ理解できるようになった。

仲間だと思っていたものに見捨てられ、その上で見ず知らずの「けがれた敵」に救われる。そこまで考えてみると、何故イエスがこの話をしたのかが良く分かる。隣人のイメージがもっと広くなった気がする。

・・・私はこの社会が不思議に思える。

みんな心の中では愛を欲しているのに、周りの人に与えようとは一切しない。

「自業自得」「自分で責任を負うべき」と小学校などで教えられているからではないだろうか?自立とは少し違う気がする。

 

 

MicrosoftTeams-image (7)

 

*神父さんのお話の中で、「誰もが弱い存在」だという言葉が出てきたとき安心しました。

今の自分は何もかも慣れないものばかりで、普段の生活や勉強なども不安なものがたくさんあります。

でも、この講話を聞いて、周りの人も私と同じような状況に置かれているんだなと知ることができました。

1日目のグループワークでは、前から感じていた自分自身の弱い点を改めて感じました。

今まで直したいと思っていたけれど、まだ直せていなかったので、これが本当の自分の姿なんだと感じました。

 

 

*私は今まで過去を思い出しては落ち込んだり、何度も何度も反省を繰り返すことがたくさんありました。

福井先生のお話の中に「時間が戻ってくる」という言葉がありました。

自分を見つめ直すためには、現在と過去のどちらも見ることが必要で、恐れを感じることもありますが、「今」があるのは、「あの時」があるからだと思います。

これこそが「時間が戻ってくる」ということではないかと考えました。

 

 

 

MicrosoftTeams-image (12)生徒達の感想文を読むと、私の方が心を洗われ、素直な心になっていきます。高校生という感受性豊かなこの時期に、見えない世界を見る心の目、痛む人と共に共感できる心こそが、人生を幸せにするキーワードであることを確信したようです。

心が穏やかになると、人間は素直になれるのですね。

 

 

 

ページの先頭へ戻る

やり切ったマナー講習

今年の1年生の女性学は、まずマナーを身に付けることから始まりました。その授業の一つに、外部講師によるマナー実習が行われました。

 

MicrosoftTeams-image (5)外部講師に、株式会社TAC武井美智子様をお呼びして実施しました。「何故マナーを身に付けるのか?」という武井先生の言葉から始まり、社会人としての基礎力、「考える力、考え抜く力、一歩を踏み出す力」を毎日の生活習慣から育てていくためには、マナーを身につけることが大切であることをお話してくださいました。

 

MicrosoftTeams-image (4)お話の後は、実習に入りました。まず、美しく見える立ち方、礼の仕方をした後、相手の呼びかけに対する「反応」、そして、相手の話した内容に対して、自分の行動を示す「意思表示」の「はい」を何回も繰り返しているうちに、武井先生から言わされている「はい」から自分の意思で言っている「はい」に変化していきました。(全体の空気が変化しましたよ!驚)

 

 

日頃授業を行いながら、生徒の反応がもっとあればいいのにと、個人的に思っていた私でしたので、このような短時間で生徒の行動が変化したことに感動しました。

生徒の感想を抜粋して紹介します。

*マナー講座を聞いて、初めて挨拶、返事の大切さがよく分かりました!私は返事をあまりせず、頷いて終わってしまうことが多いので、今日の講座を聞いて、しっかり返事をしていこうと思いました。

*返事をしているつもりでも、相手の目を見てすることや笑顔ですることは、できていないことを改めて実感しました。今回教えてもらったことを意識しなくてもできるように身に付けたいと思いました。

*マナーは相手の気持ちを左右する場合があることが、分かりました。一人では生きていけない社会で、マナーがきちんとできていない人は、マナーができている人より社会で困った時に協力してくれる人が少なくなってしまうと思いました。マナーをしっかり身に付けると、自分の人生も変化すると思いました。

*マナーを意識するだけで、相手を思いやることに繋がることが分かりました。また、挨拶をされると気持ちがよく嬉しくなるので、これから積極的に挨拶を行っていきたいと思いました。

*たくさん怒られてしまったけど、そのおかげでマナーの大切さがわかった気がします。マナーは対人関係においてなくてはならないものだし、今回学べてよかったです。

*マナーをがちがちにやったことがなかったから、面倒そうだと思っていたけれど、案外普段からやっているようなことだったりしたので、マナーは自分から遠いものではないと思い知らされた。

*マナー講座を聞いて、社会の厳しさを改めて知りました。自分が理解できていても反応をしなければ相手に伝わらないことを知り、きちんと言葉や態度で示さなければならないと思いました。

 

武井先生の2時間のご指導の下、1年生の生徒たちはやり切った感じを受けました。

日頃生徒たちと接していると、これくらいでいいのかな?と妥協してしまいがちになりますが、武井先生は生徒たちの可能性と将来のことを考えて「鬼の心」(笑)をもってご指導なさっている姿に感動致しました。

MicrosoftTeams-image (6)

もちろん、生徒たちの中には前向きになれず複雑な思いで参加している人たちもいたのは事実です。

しかし、自分の行動が周囲の人たちのやる気を削ぐことを学んだ後だったこともあり、自分の気持ちに従うことより、周りの人のことを考えて行動をすることが、自分の弱さを乗り越える経験になり自分の成長につながったことを体験したと思います。

この学びによっても、1年生がどのように成長していくのか楽しみになってきました(笑顔)。

 

 

 

ページの先頭へ戻る

愛に生きる

DSC_5520

 

第59回創立記念日を、5月13日に全校生徒と教職員でお祝いをすることができました。

 

DSC_5481これまでコロナ禍で歌声なしの「み言葉の祭儀」を行ってきましたが、今年は「鹿のように」と「校歌」を全校生徒で合唱することができ、カリタスホームに生徒たちの歌声が戻ってきたことの喜びを、生徒以上に教職員が感動していたように感じました。

 

恒例の「ラ・カリタ」はCDで流しましたが、その歌声に生徒たちは感動し、来年は自分たちで歌いたいという望みを持ったようです。

 

「み言葉の祭儀」の中で理事長先生は、聖カピタニオが書いた日記と手紙から教えられた彼女の生き方を次のようにお話をしてくださいました。

DSC_5486

「彼女の生き方を一つのキーワードで表すと、それはです。

イタリア語でカリタと言います

彼女は神様に愛されて、その愛が溢れでていたから、皆にその愛を注ぎました。

愛に生きる、愛の実践をすることが、彼女の夢でした。

彼女にとってを生きることは抽象的なことではなく、具体的な意味を持っていました。

言い換えれば、奉仕をする人に仕える生き方でした。

家で積極的にみんなに仕えます。みんなの望み通りに行動をし、どんなことを頼まれても喜んでします。家の中でみんなに優しい言葉をかけたり、優しい態度で接したり、不機嫌な顔を見せないように努めます。

聖カピタニオにとって愛の実践をする場は、まず自分の家庭であることに気づかされました。

聖バルトロメア・カピタニオの偉大さは、新しい修道会を創立したことではなくて、毎日置かれている環境の中で、実践的な愛に生きたことです。

疲れを見せず、自分の利益を考えないで無償の愛の心をもって、短い人生のうちにたくさんの愛の業を行いました。

しかし、カピタニオは自分の弱さを感じて神様に次のように願いました。

神様、貧しい人々、病気の人のために、苦労、時間、面倒なことがあってもかまいません。あなたから彼らに仕える方法を学びたいのです。神様、広い心、寛大な心をお与えください。あなたの愛の一滴を頂ければ、私は何でもできます。あなたから頂いた命、健康、才能、目、手、足を全て人に役立つように使います。

一粒の麦のように、26歳の若さで亡くなった聖カピタニオは、今も自分の生き方を通して私達の生活を照らします。・・・」

DSC_5483

理事長先生は私たちに、今一人ひとりが置かれているところでカピタニオのように愛に生きる生き方を教えてくださいました。

式典後、1年生は出身中学へお花の鉢を、2,3年生の代表の生徒たちは、日頃お世話になっている施設へお花の鉢をそれぞれ届け、日頃の感謝の言葉を伝えるために出かけて行きました。

この行為を通して、生徒たちは自分一人で生きているのではなく、多くの方々の目に見えない愛のおかげで生かされていることを実感した一日になったようです。

MicrosoftTeams-image (2)

 

 

 

 

 

ページの先頭へ戻る

ようこそカピタニオへ!

P4070858-min   4月7日(木)は、聖カピタニオ女子高等学校第60回入学式が執り行われました。

春の暖かなそよ風に桜の花びらが舞い落ちる様子は、新入生の門出を祝福しているように感じました。

 

 

今年度から本校の校長に就任された村手元樹新校長は、新生活に不安を抱えている新入生に向かって、入学式に臨んでいる今の自分は何のために学校に進学したのか考えるように話されました。

そのお話の要点を紹介します。

P4070871-min

 

「義務教育を終えて、皆さんは高校に進学することを選択しました。

令和2年度のデータでは日本の進学率は98.8%。

ほとんどの中学生が高校生になります。

世界に目を向けると、15歳以上で学校に通っているのは60%台で、約1億2100万の子どもたちが教育を受けられない状況の中、高等教育を受けられる皆さんは高校に進学したことは、世界的に見れば少しも当たり前のことではないことが分かります。

 

日本で高校に進学することも当たり前ではありません。

自分の力だけで高校で学ぶことができないからです。

公的機関をはじめ、社会の人々の支援がなければ高校には成り立ちません。

また何より保護者の助けがなければ高校へ行くことができません。

この様に、感謝の気持ちは、自分が周りの人や物に支えられていること、自分が一人ではないことを自覚させてくれます。

 

P4071020-minまた、グローバルな視点で高校生活を考えることは、私たちに学ぶことの本来の意味を思い出させてくれます。

マララさんは「知識は力、教育こそが世界を変える唯一の解決策である」と言っています。自分の生活を豊かにするためには知識や考える力が必要だからです。

 

また周りの誰かを助け、その人の力となるためにも、皆と共に平和で幸せな社会を作っていくためにも学問は不可欠です。

助けたい誰かはまだ見ぬ大切な人かもしれません。

そのために学校に通うのです。

 

高校生活は順調なことだけではありません。

さまざまな課題に直面した時、まず自分で解決策を探ることが必要です。

人は成功より失敗から多くのことを学び、それが成長のチャンスとなります。

自立とは一人で立つことではありません。

感謝しながら他者と力を合わせて生きることです。

自分の弱さを知り、助けを求める勇気を持つのが真の強さです。

強がることは強さとは違います。

それがカピタニオで学ぶ大切なことの一つです。」

P4070851-min

村手校長先生は新入生に向かって、これからの高校生活を送る目的を話してくださいました。

人間は意味を考える生きものです。

「何のために、私はこの学校に来て学んでいるのだろう?」

と自分に問いかけながら歩む3年間。

そうすれば、「自分が何のためにこの世で生きているのか?何をしなくちゃいけないのか?」

と神様が望んでおられる自分の存在意義の答えも見つかるかもしれません。

 

P4070862-minそうして、3年後には「自分を好き」になり、他者のために生きることに喜びを感じる女性に成長していくことでしょう。

そのように成長できるように、共に歩んでまいりましょう!

 

 

 

 

 

 

ページの先頭へ戻る

声の力

P3020645-min前日の雨も上がり、3月2日第57回卒業証書授与式が無事執り行われました。

 

 

 

今年の卒業式は、1,2年生も参加して行われるのではないかという淡い期待を持っていましたが、やはりコロナウイルスには勝てませんでした。

P3020548-min昨年と違い保護者の参加人数を制限しませんでしたので、ご家族で参加してくださったご家庭もありました。3年間の集大成である卒業式に臨む生徒たちの表情は、生徒の顔から女性の顔に変化していました。

 

 

 

今年卒業していった生徒たちは、本校に入学し聖カピタニオ女子高校の生活を当たり前のように楽しんで過ごしていました。

1年生の時年間計画の行事は、全て行うことができました。

ところが、1年生の2月から当たり前の学校生活ができなくなってきました。コロナウイルスの感染が拡大し、その時からの異常事態は今も続いています。

 

その様な学校生活を経験してきたからこそ読まれた答辞が、例年とは少し違う趣の内容になっていました。

P3020686-min

 

「・・・仲間と経験した高校生活での様々な行事。

私たちにとっての初めての音楽会は、この学校にとって最後の音楽会でした。

練習ではクラスで声を掛け合ことで自主性が生まれてきました。

本番、どのクラスもカリタスホームに響く歌声で、みんなで声を出して心を合わせて歌うことの楽しさを実感しました。

学年が上がり2年生。

もっと楽しい行事が私たちを待っているだろうと思った矢先、新型コロナウイルスの影響により、学校に登校するという日常ですら難しい状況に変わりました。

久しぶりに登校した時、グランドから聞こえるサッカー部の声、カリタスホームに響く歌声、お弁当の時間に仲間と話す皆の声、そこには何もありませんでした。

声の力が好きだった私にとって、それはあまりにも辛い事でした。

声が出せないこと、集まれないことへのもどかしさを多くの人たちが感じていたことと思います。

japanese-style_00048

・・・正直すべての行事を経験できていない私たちの学年は、何か欠けたまま卒業してしまうのではないかと不安です。

沖縄で体験する命の大切さ、体育祭のプロムナードによって生まれる学年の絆、私たちにはわからないことです。

だからこそ、この学校でもう少しみんなと一緒に居たい、そう思ってしまいます。

でも、離れても、一緒にいる時間が違っても、何週間もみんなに会えない状況が続いても、出会えた時には笑顔になれるよう声を掛け合い、コロナに負けずに頑張ってこられたわたしたちなら大丈夫。

そう信じています。

white-plum-blossoms-181159_960_720

 

 

 

 

・・・最後に、私はこの学校で気づいた声の力を胸に、仲間との思いで、行事が無くなり声を使う機会が減ってしまったことの悔しさ、すべてを持って夢に向かいます。

私たち卒業生は。それぞれの人生を今か今かと満開を待っている桜の花のように明るく、前を向いて歩んでいきます。・・・」

P3020681-min

卒業式後、答辞を読む代表の生徒に私の感想を話しました。

その時彼女から返ってきた言葉は、

「参考のために前年度の答辞を見させてもらいましたが、私たちが経験していない行事のことが書かれていたので、自分の感じたことを書きました。」

でした。

カピタニオでの生活を十分できなかったことで、もしその行事に参加していたら自分の心も成長していたはずではないかという不安。

P3020656-min不完全燃焼状態で卒業していった生徒たちが、これからの人生でできることを精一杯に取り組んで、今、今生きている喜びを体験していくことを願って、送り出しました。

 

 

 

 

ページの先頭へ戻る