ビクター・ハーバーに行ってきました。|聖カピタニオ女子高等学校|海外研修ブログ

ビクター・ハーバーに行ってきました。

ビクター・ハーバー(ビクター湾)は人気の保養地で、避暑地でもある場所です。アデレード中心部からバスで約2時間弱で到着し、早速Granite Island(グラニット島)に徒歩で向かいました。桟橋を歩いていったのですが、途中でトラムを引いた馬に出会いました。グラニットというのは「岩」という意味で島の至る所に大小さまざまな石が点在してました。ここの石がアデレードの議事堂の建物に使われているそうです。グラニット島をぐるりと一周したのですが、運が良いとイルカ、アザラシ、ペンギンが見られるとのこと。イルカは、遠くの方でなにやらヒレのようなものが見えました。アザラシ、ペンギンはやっぱりいないか・・・と思っていたら、島を離れようとしたとき、発見できました。大変ラッキーでした。 昼食をとってから、The Bluff(断崖絶壁)に向かいました。氷河期時代に隆起して断崖絶壁になったとのことでした。頂上付近に行くまでには結構な運動になり元気な高校生といえども「キツイ!エライ!」を連発していました。断崖絶壁から見る風景は、まさに絶景でした。最後の写真がThe Bluffの全景です。 大自然に触れる一日でした。

ページの先頭へ戻る