愛知県高校女子サッカーXFリーグ 第1節|聖カピタニオ女子高等学校|多田の高校女子サッカー奮闘記ブログ

愛知県高校女子サッカーXFリーグ 第1節

 4月24日(土) 瀬戸市光陵第2グラウンドで、2021年度愛知県高等学校女子サッカーXFリーグ第1節が行われた。オープニングゲームは安城学園高校。言わずもがな黄色が似合う中野軍団である。春先から対戦する機会に恵まれず、情報は余分なものばかりで、肝心のチームに関するものはほとんどなし。逆に新鮮な気持ちでゲームに臨めた。

 前半から本校が優位にゲームを進めるも、GKのファインセーブもあり、なかなかゴールラインを割れない。結局0対0で前半終了。DFのしぶとさは健在である。後半に入り、スウィッチが入ったかのように攻め続けるも得点は奪えない。後半の飲水タイムも0対0で迎え、依然として嫌な流れが続く。ところが、後半17分、しいなから待望のゴールが生まれる。その後、かんなせりのふうかが追加点を挙げ、4対0で勝利した。最後に点差はついたが、厳しい戦いであったのは間違いない。

 4都府県の緊急事態宣言の発出、愛知県などにまん延防止等重点措置が適用されるなど、新型コロナウィルス変異株の猛威はとどまることを知らない。先の見えない中、ゲームができたことには感謝しかない。昨年のこの時期はZOOMでトレーニングしかできなかったのだから…。手洗い、マスク、換気、三密を避けるなど対策を講じながら、先を見ずにその日その日を精一杯生きていこう!!

ページの先頭へ戻る