第30回全日本高等学校女子サッカー選手権大会東海予選 準決・3決|聖カピタニオ女子高等学校|多田の高校女子サッカー奮闘記ブログ

第30回全日本高等学校女子サッカー選手権大会東海予選 準決・3決

11月14日(日) 20時15分学校に戻る。誰もいない職員室でのブログ作成。準決勝は高校選手権3連覇を目指す絶対王者の藤枝順心高校。メンバーはほぼガチメン。当然ではあるが、一切隙を見せない。ゴール前に張り付いて将棋でいう所の穴熊囲い作戦ではなく、普通に勝負を挑んだ。結果は前半2失点、後半1失点の0対3で敗戦。ある程度の手ごたえはあっても負けは負けである。最後の出場切符をかけて戦うのは吉永先生が率いる神村学園伊賀高校。言わずもがなお互いこの試合の重要性はわかっているだけに激戦必至。愛知県開催ではあるが、会場は名古屋経済大学の施設を借りていることもあり、無観客で実施。当然ホームもアウェイない。試合は神村学園伊賀の徹底した攻撃を跳ね返し、自分たちの攻撃に繋げられるかが焦点であったが、予想以上に圧が強い。さすがとしか言いようがない。前半は0対0で折り返す。後半18分、本校のコーナーキックから逆襲にあい、ゴール前であたふたしている間にゴールを割られる。0対1で飲水タイムも終え、勝負は残り20分。あやねのポジションを1つ上げ、ゴールを奪いに行く。すると、そのあやねが後半29分に負傷退場。残り10分を切り、選手にも焦りが出始めた後半32分、ここまで獅子奮迅な動きを見せていたしいながドリブルで仕掛け、クロスを入れる。バウンドした難しいボールであったが、それをかんなが豪快にボレーで叩き込み、1対1の振り出しに戻す。見事におさえたいいシュートである。カメラマンの石橋さん捉えてましたか?そのままゲームは延長戦へ。予想通りの激闘である。決勝点は延長6分のコーナーキックから。あやかから放たれたボールは直接ゴールに吸い込まれ、勝ち越しゴール。そして、そのままタイムアップの笛。2対1の今大会初の逆転勝利で、2年ぶり10回目の全日本高等学校女子サッカー選手権大会出場を決めた。インターハイ予選で敗れて6ヵ月。カピは終わったと揶揄する声も聞こえる中、本当に長く感じた時間であったが、愛知県予選から接戦続きで勝ち取った全国切符だけに価値は高い。まだまだ綴りたいことはあるが、今は夜の職員室。あまり気持ちのいいものではないので、ここで失礼。ひとまず報告まで。最後に色々な人に感謝。神に感謝。

ページの先頭へ戻る