U18女子サッカーリーグ2022東海 第3節|聖カピタニオ女子高等学校|多田の高校女子サッカー奮闘記ブログ

U18女子サッカーリーグ2022東海 第3節

 5月5日(木) はU18女子サッカーリーグ2022東海第3節(VS至学館高校戦)がCSアセット港サッカー場で行われた。新人戦の決勝が毎年このピッチで行われていたが、2年続けて新人戦が中止となり、3年ぶりの港サッカー場での試合となる。冬と違い、天気もピッチも最高の状態で愛知県ダービーを迎えた。

 試合開始から大味な展開が続き、相手の速いプレッシャーにパスが繋がらない。守備陣も相手のダイレクトプレーにもたつく場面も多く見られた。そんな中、前半24分、コーナーキックからりりが押し込み先制点を奪う。その後も攻め続けるも追加点が奪えないまま前半終了。サッカーに於いては、こんなゲーム展開は得てして追いつかれることが多々ある。後半7分、至学館のコーナーキックからヘッドでドンピシャに決められ、1対1の振り出しに…(´・ω・`)  観戦する側には盛り上がる展開になる。後半18分、本校のフリーキックからの連続攻撃で、はるかの放ったシュートがポストに当たり、それをあやかが身体ごと押し込み、2対1。姉妹のコンビ奪った初のゴールは貴重な勝ち越しゴールとなった。まさしく一宮フェスティバル?!後半26分には、ここまでなりを潜めていたふうかからのクロスをあやねがヘッドでドンピシャに決めて、3対1。あやねのヘディングシュートもあまり記憶にないが、あやね自身の運動量が増えたことで生まれたゴールであると評価したい。結局このままタイムアップとなり、U18リーグ開幕3連勝を飾った。まさしく想定外である。次節は5月8日(日) に帝京大可児高校と対戦。勝手に期待しないでください!!

ページの先頭へ戻る