第76回愛知県高等学校総合体育大会 決勝|聖カピタニオ女子高等学校|多田の高校女子サッカー奮闘記ブログ

第76回愛知県高等学校総合体育大会 決勝

 6月4日(土) に第76回愛知県高等学校総合体育大会の決勝がテラスポ鶴舞WESTで行われた。対戦相手は愛知県女子U16国体監督の永井先生が率いる至学館高校。新1年生も20名ほど入部し、実力向上とともに、新進気鋭のチームと誰もが認めるところである。

 試合開始から至学館高校の選手たちの出足もよく、中盤でのつぶし合いも激しく、見応えのあるゲーム展開。お互いシュートシーンはほとんど見られず、前半終了。後半に入り、すぐにれなの足が攣るアクシデント。前半から攻守にわたり、上下動を繰り返した影響が出た形となった。前半と違い、ゴール前での攻防が増え、何度も至学館ゴールに迫るも、ゴールは割れない。逆に鋭いカウンターからシュートに持ち込まれる場面も…。延長も視野に入れ始めた後半27分、ゴール前であやねが得たフリーキックをあやかが直接決め、均衡を破る先制ゴール。2試合連続で貴重なゴールを叩き出す、獅子奮迅な活躍である。その後も守備陣は得点を許さず、1対0で逃げ切った。4年ぶり、また3大会ぶり13回目の愛知県高等学校総合体育大会女子サッカー競技の優勝である。

 この大会を最後まで実施できたことへの感謝と、大会準備、運営、審判、選手たちの協力にも感謝したい。また、観戦に関しても保護者を許可していただくなど、選手の活躍の場を見ていただけたことにもお礼を言いたい。本当にありがとうございました。

 6月18・19日にはインターハイ出場をかけた東海総体が愛知県で行われる。愛知県代表として、全国切符を勝ち取れるようにベストを尽くす。まだまだ続く緊張感に喜びを感じたい。ありがたやありがたや(^^)/

ページの先頭へ戻る