tada|聖カピタニオ女子高等学校|多田の高校女子サッカー奮闘記ブログ

「tada」 が執筆した記事

第30回全日本高等学校女子サッカー選手権大会東海予選 準決・3決

11月14日(日) 20時15分学校に戻る。誰もいない職員室でのブログ作成。準決勝は高校選手権3連覇を目指す絶対王者の藤枝順心高校。メンバーはほぼガチメン。当然ではあるが、一切隙を見せない。ゴール前に張り付いて将棋でいう所の穴熊囲い作戦ではなく、普通に勝負を挑んだ。結果は前半2失点、後半1失点の0対3で敗戦。ある程度の手ごたえはあっても負けは負けである。最後の出場切符をかけて戦うのは吉永先生が率いる神村学園伊賀高校。言わずもがなお互いこの試合の重要性はわかっているだけに激戦必至。愛知県開催ではあるが、会場は名古屋経済大学の施設を借りていることもあり、無観客で実施。当然ホームもアウェイない。試合は神村学園伊賀の徹底した攻撃を跳ね返し、自分たちの攻撃に繋げられるかが焦点であったが、予想以上に圧が強い。さすがとしか言いようがない。前半は0対0で折り返す。後半18分、本校のコーナーキックから逆襲にあい、ゴール前であたふたしている間にゴールを割られる。0対1で飲水タイムも終え、勝負は残り20分。あやねのポジションを1つ上げ、ゴールを奪いに行く。すると、そのあやねが後半29分に負傷退場。残り10分を切り、選手にも焦りが出始めた後半32分、ここまで獅子奮迅な動きを見せていたしいながドリブルで仕掛け、クロスを入れる。バウンドした難しいボールであったが、それをかんなが豪快にボレーで叩き込み、1対1の振り出しに戻す。見事におさえたいいシュートである。カメラマンの石橋さん捉えてましたか?そのままゲームは延長戦へ。予想通りの激闘である。決勝点は延長6分のコーナーキックから。あやかから放たれたボールは直接ゴールに吸い込まれ、勝ち越しゴール。そして、そのままタイムアップの笛。2対1の今大会初の逆転勝利で、2年ぶり10回目の全日本高等学校女子サッカー選手権大会出場を決めた。インターハイ予選で敗れて6ヵ月。カピは終わったと揶揄する声も聞こえる中、本当に長く感じた時間であったが、愛知県予選から接戦続きで勝ち取った全国切符だけに価値は高い。まだまだ綴りたいことはあるが、今は夜の職員室。あまり気持ちのいいものではないので、ここで失礼。ひとまず報告まで。最後に色々な人に感謝。神に感謝。

ページの先頭へ戻る

第30回全日本高等学校女子サッカー選手権大会 東海予選1回戦

 11月6日(土) に第30回全日本高等学校女子サッカー選手権大会東海予選1回戦がテラスポ鶴舞イーストで行われた。愛知県開催に多くの高校サッカー部顧問の先生方、サッカー協会関係者、南山高校サッカー部の方々の運営協力があり、この日を迎えることができた。対戦相手は岐阜県代表の帝京大可児高校。今年から横幕さんが監督に代わり、新たなスタートを切ったチーム。予選なしでの東海大会出場であるが、インターハイ東海予選に始まり、ミニ国体の経験、皇后杯岐阜県予選優勝と今や岐阜県の女子サッカーをけん引する存在である。

 ゲームは立ち上がりから攻勢に出る。前半1分、コーナーキックからりりのヘディングが相手のOWNゴールを誘い、幸先よく先制。あまりの電光石火ぶりに戸惑いも隠せない。ただ、ゲームが始まったばかりでゲームが落ち着くレベルではない。まだほとんどの選手がボールを触っていない。すると、前半3分、慣れないピッチに足を取られると、ドリブル突破され、あっけなく同点ゴールを決められ、1対1。そこからお互い平常心を取り戻し、攻防を繰り返す。この展開がしばらく続く予感がある中、前半20分、クロスからかんながヘッドで勝ち越しゴールを奪い、2対1と再びリード。ここで飲水タイムがあり、いい時間帯の追加点に喜ぶというよりも、守備に関する指示を伝えられたことが大きい。飲水タイム後も押し気味のゲーム展開も追加点は奪えない。帝京大可児の粘り強い守備と、一体感のある攻撃に手を焼く状況。結局2対1のまま前半終了。後半に入り、お互いが次の1点を狙う攻防が続く。帝京大可児も劣勢の状況を打破すべく、交代カードを切り、システムを変更し、次々と手を打ってくる。ある意味、将棋の世界に似ている。それでも本校の守備陣も落ち着いて対応し、失点は許さない。怖いのは人工芝に足を滑らせることか、と心配している矢先に、ゴールキックで足を滑らせ、ヒヤリとする場面も…。ここは愛嬌で済んだが、今日のゲームでみゆうの存在がチームに安心感を与えたのは間違いない。そして、他の選手全員も最後まで集中力も切らさず、そのまま2対1で勝利した。まさしく全員で掴んだ勝利である。これでベスト4進出。2年ぶりの全国切符を掴むための戦いは続く。

 苦しい戦いであったが、両チームの観戦者が多く見守る中で試合ができたことも大きな喜びである。声援はなくとも思いは強く伝わってきた。スポーツ選手がよく口にしているが、観客のありがたみを強く実感した。チームを代表して感謝したい。ありがとうございました。来週(11月13・14日)も運営の所でご迷惑をお掛けしますが、愛知県の代表として全力で闘います。よろしくお願いします。

追伸:スポーツ観戦が大好きだったおじいさん。天国から見てましたか?じゃあ来週の観戦者リストにも入れておきますね( ´艸`)

 

ページの先頭へ戻る

第30回全日本高等学校女子サッカー選手権大会 愛知県予選 決勝

 第30回全日本高等学校女子サッカー選手権大会愛知県予選決勝が知多フットボールセンターで行われた。対戦相手は、準々決勝の安城学園戦、準決勝の同朋戦をいづれもPK戦で勝ち上がってきた至学館高校。永井イズムが浸透し、とにかく諦めないチームである。初の東海大会出場も決め、高校サッカーではその勢いが何よりも怖い。夏の大会と同じカード、同じピッチでの対戦となった。至学館高校の永井先生はスーツ姿でベンチに入り、選手たちを鼓舞する。一方の私はプーマのジャージ姿。

 昨日とは変わり、風もなく、爽やかな秋晴れの中、本校のキックオフでゲームはスタート。ゲームの入りはよく、相手陣内で試合が進む。前半10分、キャプテンまりあの狙いすましたシュートがサイドネットを揺らし、先制ゴール。足のけがでチームへの合流が遅れ、レギュラーも外される。ただ試合に出れない中でもキャプテンとしてチームをまとめ、声を出し続けた。どれだけ春先から涙したことか。そのまりあがこの決勝の舞台で先制点を挙げることを誰が予測できたろう。さすがキャプテンである。そこから徐々に至学館も運動量、球際の強さでらしさを出し始める。ただ決定的なシーンは作らせず、前半を1対0で折り返す。ハーフタイムでは、表情は明るいものの、前日の疲労も重なり、身体的にきつい選手も。ただ入試もケガも重なり、自慢ではないが、選手層は薄い。気持ちを入れ直して後半のピッチへ。後半に入ると思った以上に小康状態が続く。至学館はメンバー交代で打開を図るもスコアは動かず、時間だけが進む。すると、後半30分、あやかの放ったシュートがポストをたたく。それをしいなが押し込み、待望の追加点が入る。アディショナルタイムに入り、これまた苦労を重ねたはるがピッチに立つ。短い時間ではあったが、決勝の舞台で試合終了の笛をピッチ内で聞いた。ゲームは2対0で勝利し、2年ぶりの高校選手権大会愛知県予選での優勝を果たした。選手全員とスタッフ、保護者、サッカー関係者の協力があっての優勝である。コロナ禍で大会開催が危ぶまれたが、これまた多くの方々の協力があっての大会開催に深く感謝したい。本当にありがとうございました。また大会で涙したチームのことも含め、余計に本校が背負う責任は重い。

 今日から次のステージに向けての調整に入る。3年生の引退はまだまだ先になりそうである。覚悟しておけ!

 最後に、ここまでの選手たちの頑張りに温かい声がけと、熱い励ましをよろしくお願いします。

ページの先頭へ戻る

第30回全日本高等学校女子サッカー選手権大会 愛知県予選 準々決勝

 ようやくブログの緊急事態宣言も2カ月半ぶりに解除されました (^_-)

 第30回全日本高等学校女子サッカー選手権大会愛知県予選準々決勝が知多フットボールセンターで行われた。対戦相手は愛知啓成高校。このブログにも多く登場している学校である。9月中旬から平日のみの練習が許可されたものの、試合が十分にできず、チームは浦島太郎状態に。当然不安が残る中での公式戦となったが、試合結果はこれいかに…。

 その不安は開始2分、しいなのシュートが決まり、杞憂に終わるはずが、その後のチャンスはことごとく外し、追加点が奪えない。すると、前半25分、中盤で失ったボールをつながれ、同点ゴールがネットに刺さる。シュート1本で追いつかれ、1対1のまま折り返す。サッカーにはよくあることではあるが、当然空気は重い。要因は色々とあったが、それを追究したところで結果は変わらない。なぜかあせる選手たちを落ち着かせ、後半のピッチへ送り出す。次の1点を奪うべく、攻撃を何度も仕掛けるも愛知啓成のこの試合にかける執念・頑張りの前に跳ね返される。そんな中、後半12分、連携から最後はかんながゴールを決め、2対1と勝ち越し。その後も攻撃を続けるも結局そのままタイムアップ。改めて、初戦・一発勝負の戦いの難しさを感じるゲームとなった。予定通りだったのは勝利したことのみ。まあ、ここが大きいのだが…。

 10月23日(土) は準決勝が知多フットボールセンターで行われる。対戦相手は豊川高校。今大会は今年のみレギュレーションが変更され、決勝リーグは行われないため、負けた時点で高校選手権出場への夢が絶たれる。お互いその試合の重要性は百も承知。

“こんな所で終わる訳には行かない!!”

 

ページの先頭へ戻る

第43回皇后杯JFA全日本女子サッカー選手権大会 愛知県大会 決勝

 8月1日(日)に第43回皇后杯JFA全日本女子サッカー選手権大会愛知県大会(GH GROUP 第45回愛知県女子サッカー選手権大会)決勝が、(公財)愛知県サッカー協会会長、専務理事、女子委員長、役員、来賓の方々が見守る中、愛知県フットボールセンター知多で行われた。対戦相手は豊川高校。ここ最近の大会ではほとんど毎回対戦しているチームである。手の内を知り尽くしており、コンディションがどうなのかも1つのカギとなる。

 前日の試合の入りについて話をしてゲームに送り出したはずが、その立ち上がり前半3分、パワーも勢いもある攻撃にDFラインが突破され、早々に失点。あまりの早い失点にプランを変えることもなく、仕切り直し。まずは動揺の見られる選手たちを落ち着かせるところから…。前半はそのままスコアは動かず、0対1で折り返す。後半に入り、お互い選手交代で攻撃に出るものの、一進一退は続く。そしてアディショナルタイム。パスミスを拾われ、そこから中央を割られ、思わずファウル。それを直接決められた後にタイムアップの笛。結局0対2で準優勝。かなり端折ったが、戦評は周りの人からで…m(__)m  頑張りが評価され、ベストイレブン2名、得点王が本校から選出されたが、選手たちは満足していない。負けて終わる銀メダルは新たなモチベーションを与えてくれる。ここ2週間で8試合の過酷スケジュールを選手たちは全力で闘った。もちろん無傷の選手はいない。厳しい叱咤激励で無理強いをさせた私は、本当にムリジイである。

 閑話休題、新型コロナウィルスの感染急拡大に歯止めはかからず、強い危機感を感じているのは私だけではあるまい。自粛疲れもあってか、若年層の感染が目立つ。このままではまた、学校行事、部活動、学校生活にも影響しかねない。感染拡大防止にとにかく協力を‼とりあえず私は今から2回目のワクチン接種に向かいます( ´艸`)。

ページの先頭へ戻る