未分類|聖カピタニオ女子高等学校|多田の高校女子サッカー奮闘記ブログ

「未分類」 カテゴリーの記事

第75回愛知県高等学校総合体育大会女子サッカー競技 3回戦

 5月15日(土) 第75回愛知県高等学校総合体育大会3回戦が岩倉総合高校で行われた。岩倉総合高校と言えば、井上⇒長笠原⇒佐伯⇒大嶋⇒水野(敬称略)と女子サッカーの魂を引き継いできた伝統校である。数々の歴史を思い出すグラウンドである。まずは運営にご尽力いただいた関係者の皆様ありがとうございました。対戦相手は小坂井高校。これまた数々の歴史のあるチームであるが、前任の荻巣先生が見守る中、試合は行われた。

 立ち上がりから3年生の引退が掛かる試合とあって、全員が全力で立ち向かってくる。その勢いをかわしながら攻めるものの、ゴール前のブロック、GKの好セーブにゴールを割れない。そんな展開の中、あやかが先制ゴール。その後、かんなが2ゴールを決め、前半を3対0で折り返す。後半には、しいなかんなふうかが追加点を挙げ、6対0。その後、途中交代のはなが2ゴールを決め、8対0で勝利した。3年生のはなはけがで1年半苦しみ、公式戦初ゴールとなったわけだが、試合に出場できない3年生の思いも背負って戦ったことがゴールに結びついた。試合後、荻巣先生からは「最後に聖カピさんと試合ができてよかったと…。」の言葉を頂いた。お世辞にもうれしいものである。むしろ我々のほうが全力プレーに感謝したい。本当に今日のゲームだけでも色々なドラマがある。スポーツ、またサッカーとはそういうものである。とにかく緊急事態宣言発出中にも拘らず、試合が出来ることに改めて感謝しよう!

 今日の勝利で準々決勝進出を決め、豊川高校への挑戦権を得た。その試合は5月23日(日) に行われる。

ページの先頭へ戻る

愛知県高校女子サッカーXFリーグ 第2節

 5月8日(土) 瀬戸市光陵第2グラウンドで、XFリーグ第2節が行われた。ことのほか前日の雨が強く、ピッチの状態が心配されたが、そこは水はけのよい光陵グラウンド、ほとんど影響なく実施できた。対戦相手は酸いも甘いも知る藤原先生が率いる愛知啓成高校。長年お互い研鑽し合ったチーム同士でありながら、奇しくも瀬戸での対戦は初めてである。

 試合は立ち上がりから攻勢に出るもシュートまで至らない。それでも前半10分過ぎにふうかが丁寧に押し込むと、堰を切ったようにゴールが生まれ、前半を5対0で折り返す。言わずもがな出来すぎである。ただ後半に入ると、愛知啓成が守備を立て直す。すると、速攻から失点を許す。間違いなく隙が生んだゴールである。コーナーからしいなが得点するも、またもやミスから失点。終了間際にPKから追加点を挙げ、7対2で試合終了。後味の悪いゲーム展開となったが、学びの多いゲームであった。

 とうとう愛知県にも緊急事態宣言が発出される。今の現状、前例を鑑みるとこれも当然の措置と言える。そんな中で、サッカーの試合?!と思われる人もいるであろう。緊急事態宣言中は原則、延期・中止が愛知県サッカー協会の方針であるが、上位の大会につながる公式戦は行っていく方向で進んでいる。インターハイ予選は各校コロナウィルス対策を講じて、無事に2回戦まで終了している。5月15日(土) はインターハイ予選3回戦が行われる予定で、本校は小坂井高校と対戦する。昨年は戦わずして終わったインターハイ予選。サッカーが出来ることに喜びを感じ、精一杯戦うのみ。もう1つの見えないウィルスとの闘いには、世界中の人々も決して屈してはならない。

 

ページの先頭へ戻る

愛知県高校女子サッカーXFリーグ 第1節

 4月24日(土) 瀬戸市光陵第2グラウンドで、2021年度愛知県高等学校女子サッカーXFリーグ第1節が行われた。オープニングゲームは安城学園高校。言わずもがな黄色が似合う中野軍団である。春先から対戦する機会に恵まれず、情報は余分なものばかりで、肝心のチームに関するものはほとんどなし。逆に新鮮な気持ちでゲームに臨めた。

 前半から本校が優位にゲームを進めるも、GKのファインセーブもあり、なかなかゴールラインを割れない。結局0対0で前半終了。DFのしぶとさは健在である。後半に入り、スウィッチが入ったかのように攻め続けるも得点は奪えない。後半の飲水タイムも0対0で迎え、依然として嫌な流れが続く。ところが、後半17分、しいなから待望のゴールが生まれる。その後、かんなせりのふうかが追加点を挙げ、4対0で勝利した。最後に点差はついたが、厳しい戦いであったのは間違いない。

 4都府県の緊急事態宣言の発出、愛知県などにまん延防止等重点措置が適用されるなど、新型コロナウィルス変異株の猛威はとどまることを知らない。先の見えない中、ゲームができたことには感謝しかない。昨年のこの時期はZOOMでトレーニングしかできなかったのだから…。手洗い、マスク、換気、三密を避けるなど対策を講じながら、先を見ずにその日その日を精一杯生きていこう!!

ページの先頭へ戻る

始まり、始まり‼

 新年度がスタート。4月1・2日は蒲郡市海陽多目的広場で第1回松本育夫カップが開催された。帝京第三高校は学校からの許可が出ず、参加チームは磐田東高校、神村学園伊賀高校、豊川高校、至學館高校、同朋高校、本校の6チームで、天然芝のコートの中、それぞれのチームが躍動した。本校の結果だけ記載すると、VS磐田東(1-0)、VS神村学園伊賀(1-1)、VS豊川(0-2)、VS至学館(0-0)、VS同朋(1-0)である。結果はともかく、この時期に新1年生も含めて、それぞれ特徴のあるチームと対戦できたことに感謝したい。朝早くから準備して下さった豊川高校の選手のみなさんと牛田さん、ありがとうございました。来年度以降も4月1,2日あたりで実施予定だとか。

 4月4日のこの日は(公財)愛知県サッカー協会女子委員会の総会が行われる。リモートも使いながらも基本は対面式。旭丘高校の水谷先生、松蔭高校の大坪先生、高蔵寺高校の道本先生、小坂井高校の荻巣先生、岩倉総合高校の大嶋先生、岡崎商業高校の熊崎先生、金城学院高校の三小田先生は顧問をはずれる(私が把握分)。私が言うことでもないが、それぞれのチーム事情がある中で、女子サッカーのためにご尽力されたことに感謝したい。

 “ 一粒の麦がもし地に落ちて死ななければ、一粒のままである。だが、死ねば多くの実を結ぶ ” by 新約聖書ヨハネによる福音書12章24節

  本校に赴任しなければ、多分一生出会うことのなかった言葉です。新しい場所でのご活躍を祈念します。

 最後に全く話は変わりますが、2021年4月から聖カピタニオ女子サッカー部のInstagramを始めました。画像等はこちらでお楽しみください。ブログもまだまだ続けて、私の考えを発信していきます。では、また!!

ページの先頭へ戻る

人間万事塞翁が馬

 2020年度も明日で終了。2021年になって早くも3ヶ月が過ぎ、気が付かないふりしていたが、ブログの更新は何と今年初。誰も何も言わないところに、このページの存在感がわかる。新型コロナウィルスに感染したとか、大病を患い入院してしたとか、旅に出てしまったとか、学校をやめてしまったとか…etc.  色々推測されていたかもしれませんが、1つ齢 (よわい) を重ねただけで何も変わっていませんよ。

 新人戦が途中で中止になり、3月13日 (土) からようやくTRMも解禁。練習ではわからない課題が浮き彫りに。そして3月25日からはついに関東方面に宿泊を伴う遠征。この機会を与えてくれた学校、理解を示してくれた保護者、試合をしてくださったチームにも感謝、感謝。一昨年の高校選手権大会以来の遠征で実に15ヶ月ぶりとなる。ただ、日本各地で新型コロナウィルスの感染者数は、前の週を軒並み上回っている状況。もう何が正解なのか誰もわからない。いや正解などない問題なのかもしれない。だからこそ判断に迷うのだろう。久しぶりの遠征であったが、その喜びというよりも、チーム、運営者側の感染防止対策の徹底ぶりを強く感じた。

 新年度がまもなくスタートする。監督(多田)、コーチ(水野、大城、梶野)、トレーナー(豊田、小松)の陣容は変わらない。信用できるスタッフとともに、32年目のシーズンを迎える。ブログの更新はあてにせず、チームの応援をよろしくお願いします。

ページの先頭へ戻る